少しでも成功率を上げるために…男子がココロ掴まれる告白のセリフ

告白するなら成功したいですよね。成功率が上がる告白方法を聞いてみました。

ラブレター
(hidez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏に向けて、新しい恋愛を始める人もいますよね。気になった人に自分から告白する人もいることでしょう。

できることなら、少しでも告白の成功率を上げたいものですよね。fumumu取材班は、男子の好感度が上がる告白のセリフを聞いてみました。


①一言付け加えて好き

「男は単純なので遠回しに伝えることなく、ストレートに気持ちを伝えるのが一番です。『仕事に一生懸命なところがすごく好き』「眠いはずなのに私の話を真剣に聞いてくれる〇〇が好き」など一言付け加えると、男性もグッときて心を掴まれるはずです。


「好き」でも想いは伝わりますが、その人にしかない魅力や好きなところをピックアップして想いを伝えると、男性側もその想いに答えたくなると思います。恥ずかしさもあると思いますが、嬉しさの方が勝ちますね」(30代・男性)


関連記事:たまにはLINEじゃなくて手紙で告白…どんなメッセージが好印象?

②「好きになっちゃったかも…」

「男友達らと恋愛トークになったことがあって、男子たちが、『好きになっちゃったかも』って告白してくれる子はかわいいっていう話になったんですね。『ええ、女子的にはないよ』って思わず返しちゃったのですが、恥ずかしそうな印象があるらしく、告白が苦手なのに、自分のために頑張っている感じが健気でいいのだとか。


『かも』っていうことで、女子っぽいふんわり感も出るのだそうです。つくづく、男心ってわからないなと思いましたけれど、面白いですよね」(20代・女性)


③手紙を添えて「好き」

「古典的ですけれど、手紙での告白って素敵ですよね。中高生の頃は、下駄箱に手紙が入っていないかチェックしたものです…。だから、今でも、手紙で告白してくれると、気持ちを感じて凄くときめいてしまいます。


告白を文字にするって、とても勇気のいることだし、文章を考えるのにも時間がかかってしまうと思うんですよね。ただ、本当にもらうと、イタズラかな…と妙にドキマギしてしまうので、普通に『好き』って告白してくれた上で、手紙をくれると、すっごくいいですね」(20代・男性)


「やりすぎかな」「引いちゃうかな…」と考えすぎずに、ド直球で伝えることがトキメキを感じるようですね。

・合わせて読みたい→友達と同じ人を好きになったらどうするべき? 4つの対処法

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!