友達に彼氏を紹介してもらう…デメリット3つ

友達との紹介で付き合うと、楽しめない恋愛になってしまうこともあるようです。詳しく話を聞いてみました。

BBQ
(torwai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏になると、新しい恋を始めたくなる人が多いのではないでしょうか。夏はイベントがたくさんありますし、一緒に楽しめる相手がいればとても充実した日々を送れますよね。

新たに恋愛をする方法として、友達に紹介してもらうこともあるでしょう。しかし、紹介してもらうことで、思わぬデメリットを感じることもあるようです。

fumumu取材班は、詳しく話を聞いてみました。


①友だちに気を使う

「友達の紹介で知り合うのは楽ですが、何か問題が起きた時に紹介してくれた友達のイメージも崩れてしまったり別れたい時に友達に気を遣って別れられなかったりと様々なデメリットも発生します。グループで仲が良くなったのであれば、そのグループの輪も乱れてしまうことになりますね。


彼氏とうまくいかない時も友達に話が流れてしまっていたり、話されたくないことも相談として友達に漏れてしまうことがあります。彼氏と彼女の2人のことなのに友達に首をつっこまれるのは嫌ですよね」 (20代・女性)


関連記事:長く友達関係だったけど…男子が女友達に惚れる瞬間

②その気が無くても付き合う運びになることも

「友達に、すごくいい子がいるからと紹介してもらい、会うことになった彼は、残念ながら私の好みではありませんでした。しかし、彼の方は一目惚れしてしまったらしく、熱烈なアプローチを受けることに。


友達も、大切な友達である彼を応援したいからでしょう、私に対して、『本当にいい子だからさ』と、彼の魅力を話す毎日で、正直に言って、うんざりでした。


でも、『ああ、大好きな友達同士でカップルになったら最高だなあ』など、とても嬉しそうに話を進めるので、強くいうこともできませんでした…。押されるまま付き合うことになり、別れるタイミングもわからず、あのときは困りましたね」(20代・女性)


③恋愛事情を聞かれる

「彼女にとっては、どちらも友達だし、仲介したからでしょう。『今どこまで進展したの?』『どんなデートしてるの?』など、色々と話を聞いてきました。


最初は、繋げた立場として、気になるものだろうと思ったので、当たり障りなく報告していましたが、『やだ、彼のそんなところ想像できない』などと楽しんでいるのを見るたび、彼側にも同じことをしているんだろうと思うと、複雑な気分でしたね」(20代・女性)


友だちが理解のある人なら良いですが、気を使う恋愛になることが多そうですね。

・合わせて読みたい→友達に依存してない? 相手がドン引きするやりすぎ行動

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!