彼氏に依存している状態から抜け出したい…取り組みたい3つのこと

彼氏に依存するとなかなか抜けられないものですが、うまく脱却する方法を聞いてみました。

ハグするカップル
(Image Source/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏が好きすぎるあまり、彼なしで生活できなくなってしまう女性は多いですよね。そんな依存症から抜け出したいと思う人もいるのではないでしょうか。

fumumu取材班は、恋人への依存から抜け出した経験がある女性に、そのときに取り組んだことを聞いてみました。


①熱中できることに時間を使ってみる

「私は恋愛体質で、彼氏依存症になりかけた時がありました。そんな自分が嫌で彼がいないときは忘れられることはないかと考えたとき、自分で熱中できるものを見つけようと思いました。


私はネイルをすることが好きだったのでネイルの資格を取ろうと思いレッスンを受けながら友達にネイルをしたり、自分の時間を有効に使うようにしました。そのおかげで彼氏と一緒にいるときはもちろん楽しく、自分一人の時間も熱中できるものを見つけたので充実した日々を送ることができました」(20代・女性)


関連記事:恋愛依存症ってよくいうけれど…どういう状況のことを言うの?

②彼だけを頼らない

「私は、人に頼りすぎてしまう悪い癖があって、優しくしてくれる彼に依存してしまいました。でも、どこかで重く思われているんじゃないかと心配になってしまい、いつも別れを言い出されないかと怖くなっていました。


いつもビクビクと危機感を抱いている自分にも疲れ、依存から脱却できるように努力。とりあえず、彼だけを頼ってしまうと重くのしかかるだろうと思ったので、どうしても辛いときとか、誰かに話したいときは親や友達に話して、欲求を解消していました」(20代・女性)


③仕事を増やした

「大学生のときに、本当に好きな彼氏がいて、『この人がいるから生きてるんだ』と思ってしまうほどでした。でも、彼もサークルがあったり、男友達との遊びがあったり、一人で趣味を楽しみたい時間があって、ずっと一緒に居られるわけではありません。


そのため、男友達に嫉妬するどころか、彼が好むモノにまで嫉妬し、サークルなど時間を持っていく存在は無くなればいいと思ってしまう始末。でもこう思ってしまうのも、全ては私が暇だからいけないんだろうと思って、アルバイトを増やして、そのお金で彼と楽しむことを考えました。すると、アルバイト先の知り合いなどができて、気持ちも落ち着くようになりましたね」(20代・女性)


依存しすぎると、どちらも辛い思いをしてしまいがちですよね。うまく抜け出せるといいですね。

・合わせて読みたい→「恋煩い」眠れないほど好きで仕方ないときに彼に迷惑かけずに対処する方法

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!