そろそろ結婚したいと思うなら…避けたい男子の特徴3つ

結婚を考えているなら、避けなければならない男性がいるそうです。話を聞いてみました。

花嫁
(EpicStockMedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある程度の年齢になってからの恋愛では「そろそろ恋愛を楽しむだけでなく、結婚まで考えられる相手と」と思うこともあるでしょう。

しかし、相手が恋愛までしか考えていないと、なかなか願いは叶いませんよね。そこで、fumumu取材班は、結婚して落ち着きたいと考えている場合に、避けたほうが良い男性の特徴を聞いてみました。


①落ち着きがなく遊び盛りの男性

「女性は子供を産む年齢も気にしなければならず、何歳までに結婚したいなどあるとは思いますが、男性は女性に比べ、結婚欲が少ないです。特に気を付けなければならないのが、同い年で仲の良い男友達です。


付き合ってはいなくても、男友達と普段からよく遊んでいる女性にはなかなか結婚相手が現れません。遊びが中心で生活している人が周りに集まり、付き合う彼氏もそういった目的の人ばかりが集まりやすいです。飲みに行ったり、女の子と遊んでいたい気満々の男子は避けて付き合うべきです」(30代・女性)


関連記事:「この子を一生離したくない!」 男子が結婚相手を選ぶときのポイント

②生活にゆとりがない男性

「男性の多くは、ひとつの物事にしか集中ができないため、例えば借金があれば、借金返済で一生懸命になるでしょうし、仕事で成功したいと思っていれば、必死に仕事をする毎日を送るでしょう。


こういう人と恋愛をした場合に、男性にとって結婚はそれなりの覚悟と準備を要するものですから、落ち着くまで待ってほしいと思う人が多いはずです。


また、男性はある程度、女性を養えるくらいの力をつけて責任を取れるようでなければ、結婚を申し込んではいけないと考える人が多いため、経済力がないうちは、なかなか結婚を言い出してくれないことが多いと思います。


もし、この人とどうしても結婚したいと思うなら、相手のペースを待つ必要があると思いますが、何らかの事情で結婚を急ぎたい場合には、生活にゆとりがない人には近づかないなり、見切りをつけるなりしたほうがいいです」(30代・女性)


③趣味にのめり込んでいる

「男性は結婚生活をしても趣味を続けたいと思う一方で、結婚をすることで自由を失うと考えている人も多いです。私の彼は、私が趣味を続けられるよう配慮する意思を見せても、なかなか結婚まで話を進めてくれませんでした。


もしかすれば、それをやめなければならないリスクを負ってでも結婚したいと思わせることができれば、話は別かもしれません。しかし、趣味をとても大切にしている男性は『もう少しだけ』と先延ばしにしてしまうこともあるので、注意したほうがいいです。


男性は女性ほど、結婚に対する意識が強くない人が多いので、ズルズルと付き合わさられることになると思います…」(30代・女性)


結婚しやすいタイミングに結婚できそうな相手と恋愛をするか、その時期を逃しても好きな彼と恋愛をするか…とても迷ってしまう選択ですよね。

・合わせて読みたい→結婚相談所と婚活パーティ…出会える男性の違い3つ

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!