デートで彼と手を繋ぎたい…さりげなくする方法は?

恋愛に奥手なタイプだと、付き合ってからなかなか手を繋いでもらえないことも多いようです。彼とさりげなく繋ぐ方法を聞いてみました。

手をつなぐカップル
(LightFieldStudios/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性は、彼女との関係性を急ぎたがる人が多い一方で、嫌われるのが怖いと感じる人が多いようです。そのため、必要以上に、関係が進展しないことも…。

しかし、女性だって彼と手を繋ぎたいのに、それすらしてくれないと不安になってしまうこともありますよね。デートの最中にふと、手を繋ぎたいと思うこともあるでしょう。

そこで、fumumu取材班は、女性たちに、デートでさりげなく彼と手をつなぐ方法を聞いてみました。

 

①「手が冷たい」

「彼女の方から『手をつなごう』なんて言えないですよね。そんな時は女性に多い冷え性を利用しちゃって、さりげなく手を繋いでみましょう。彼女から『手冷たいんだよね』と言えば、彼も温めようとしたり、確認しようとしたりして、触ってしまうと思います。

 

手が触れ合ったときに、ちゃっかり掴んでみれば意外にそのまま手を繋いで歩くことになるでしょう。彼の方から見てもわざとらしくない方法で手を繋げます」(20代・女性)

 

②裾を掴む

「恥ずかしくて手をつなごうと言えない場合は、まずは彼の服の裾を掴んでみてください。彼がなんとなく察してくれると思いますし、たとえ鈍くても、『こっちの方が安全だから』を袖の代わりに手を掴むように言うでしょう。

 

もし、勇気が必要だと感じるなら、最初は映画館や夜の散歩、花火といった暗いところであれば、人目にもつかないので、抵抗なくできると思いますよ」(20代・女性)

 

③手の甲を触れさせる

「男の人が多く手をつなごうと意識するのは、並んで歩いたときに、手が少し触れ合ったときみたいですね。距離が近くて、手の甲が少し触れてしまったときに、そのままさりげなく手を繋がれたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

あえてその状況を作り出し、彼に手を繋ぎたいと思わせるのも方法だと思います」(20代・女性)

 

手を繋いでもっと仲が深まると良いですよね。

・合わせて読みたい→元カレが結婚と聞き…手に入らないほど愛しさが増した3つの体験談

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!