お酒を飲んでいたために…恋愛にまつわる女子の痛い経験3つ

お酒での失敗経験がある人は多いですよね。恋愛にまつわるエピソードを集めてみました。

酔う女性
(IgorBukhlin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大人になると、お酒がひとつの楽しみになる人も多いですよね。みんなで盛り上がると盛り上がるし、ストレス発散にもなると思います。

しかし、飲みすぎることで、痛い経験をしてしまうこともありますよね。そこで、fumumu取材班は、女性たちに、恋愛にまつわる痛い経験を聞いてみました。


①日頃のストレスで泣き出してしまった

「その頃、とても仕事が忙しくてストレスが溜まっていたんですね。ある日、付き合いはじめた彼の家で飲むことになりました。


お酒を一杯飲んだだけで、そこまで酔っていないはずなのに、ストレスと彼といる時の安心感がゴチャ混ぜに溢れ出して、泣き出してしまいました。彼はすごくびっくりしていたし、『どうしたの』って言いながらおどおど慰めてくれたけれど、引かれてないかとしばらく気が気ではありませんでした」(20代・女性)


関連記事:不倫してしまったら…経験者女子が語る「覚悟するべき」3つのこと

②エッチを前にして吐き気が…

「私はあまりお酒が強くないし、酔うと気持ち悪くなってしまうので、飲む量には普段から気を付けていました。しかし、彼が家に遊びにきた際、嬉しさもあり飲みすぎてしまいました。飲んでいる途中からいいムードになったのに、吐き気に襲われそのままトイレに引きこもりに。


自分が思っていた以上に酔っていたみたいで、久しぶりに会えたのにこんな姿を見せてしまうなんてとても恥ずかしかったです。結局朝方までトイレにいたので彼と一緒に寝れませんでした」(20代・女性)


③気になる彼に説教を始めて引かれた

「大学のサークルのときにやらかしましたね。まだお酒を覚えたばかりで、適量をわかっていなかったのが敗因です。大学3年生のときに、サークルの飲み会で、気になる彼が隣に来て舞い上がってしまって…。


そのとき、だいぶ酔っていたこともあり、彼の気を引きたかったんでしょうね。あろうことか、勉強に関して説教を始めてしまったらしいんです。当然、私は記憶になくて、翌日、彼が素っ気ないな…と思っていたら、『覚えてなかったのか』と友達に教えてもらい、青ざめました。それ以来、彼からは避けられてる感じがして、それっきりになってしまいました」(20代・女性)


お酒を飲んでいたがために、彼に嫌われたりびっくりされたりするのは避けたいですよね。適量を飲むのが大事ですね。

・合わせて読みたい→ベットで出す声でげんなりも? 男子が嫌がる声とは…

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!