既婚女性に聞いた! ずっとラブラブでいるためにしている3つのこと

結婚したら、簡単に別れることはできません。仲良しでいるためにしている工夫を、既婚女性たちに聞きました。

夫婦
(Nattakorn Maneerat/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏が途絶えることはないのに、恋愛が長続きしない…と悩んでしまう女性は少なくありません。

既婚女性たちに話を聞いてみると、ずっとラブラブでいるために、それぞれで色々な工夫をしているようです。

fumumu取材班が、詳しく聞いてみました。


①家事は分担しない

「家事の分担を決めてしまうと、自分のやらなければいけないこと以外やらなくなりがちです。その結果、お互いに協力し合うことがなくなり、ケンカの原因になってしまうこともあります。


家事は分担しないで、一緒にやるのがオススメです。1人ではやりたくないことでも、2人なら頑張ろうと思えるし、協力し合えば負担が減りますよ。また、共同作業で家事の時間を短縮することができれば、2人でゆっくり過ごせる時間も増えます」(20代・女性)


関連記事:ずっとラブラブで…同棲中も仲良しカップルでいる秘訣を聞いてみた

②自分の心や体を満たしておく

「心に余裕があれば、パートナーに対してイライラすることも減ります。そのためには、自分自身のストレスを貯めないようにするのが一番です。


ストレスフルになっている時は、些細なことでも怒ってしまいますが、そうでない時は、大抵のことは大目に見られます。単純ですが、お腹がいっぱいだったり幸せな気持ちで満たされたりしている時には、喧嘩をしようなんて思えなくなります」(20代・女性)


③セックスレスを受け入れる

「長年一緒にいれば、男女ではなく家族になり、セックスレスになるのは当たり前です。そうなってしまった時に、無理して昔のように戻ろうとするから、問題が生じるんですよ。


セックスレスは、なるものとして受け入れること。むしろ、セックスレスになった時こそ、家族の絆が深まったのだと安心すべきです」(30代・女性)


夫婦やカップルとは言っても、元は他人です。

ずっとラブラブで居続けるためには、それなりの努力や工夫も必要なようです。

「恋愛を長続きさせたい」とか、「今の彼氏と結婚したい」などと考えている女性は、参考にしてみてもいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→既婚者に聞いた! 男性に家事をお願いする時のコツ3つ

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!