やる気のない後輩にイラッ! 自分も老害になったと思った瞬間

老害と呼ばれる存在は、厄介なものです。しかし注意していないと、自分もなってしまうかもしれません。

お局さん
(sutteerug/Getty Images Plus/写真はイメージです)

若者にとって老害と言われる存在は、とても厄介なものでしょう。しかし気づかないうちに、自分がなっているかもしれませんよ。


■老害を自覚している人は少ない

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、自分は老害になってきていると思うか、調査を実施しました。

自分は老害になってきていると思うグラフ

「老害になってきていると思う」と答えた人は、全体で20.3%でした。

性別・年代別で見ると、男女ともに40代以上から増えていることがわかります。

自分は老害になってきていると思う性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、若くして老害じみていると思った自分の行動について聞きました。


関連記事:気になる上司にもっと自分を知ってほしい! 効果的な行動3つ

①後輩の行動に理解できずイライラ

「私にも初めて後輩ができて、最初はとてもうれしい気持ちでいました。いいお手本になろうと気合いも入っていたのですが、肝心の後輩はあまりやる気がなくて…。


集中力がないためにすぐに手を休めるし、そんな状態で『疲れた』など平気で言ってくるのでイラッとしてきます。


最近ではつい強い口調になってしまうこともあり、こうやってお局様になっていくんだなと実感しましたね」(20代・女性)

次ページ ②仕事に疲れて電車の席に率先して座る

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!