「俺、もうムリかも…」 喧嘩中に別れを考えた彼女の発言

怒りのままに発言すると、最悪の結果になるかもしれません…。

疲れる男性
(imtmphoto/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「どんなことを言っても、私のことが好きなら受け止めてくれるはず!」 そう思っていると、いつか痛い目に合うかもしれません。

喧嘩中の発言がきっかけで、別れを考えることは珍しくないようですよ。

男性が「別れようかな…」と思った喧嘩中の彼女の発言を、fumumu取材班が聞いてきました。


①ヒステリーな態度にげんなり

「彼女は、喧嘩になるとものすごくヒステリーになるんです。泣いて怒って、会話にならない。話題もあちこちに飛んでいくし、結局なんの喧嘩なんだ? と思うことも。


終わりが見えないのでとても疲れるし、最終的にこちらが悪者になるのも腹が立ちます。最近は、彼女の機嫌が悪くならないようにすごく気を遣っている気がして…。もしかしたら、別れるかもしれません」(20代・男性)

関連記事:もう別れよう…彼が「喧嘩のときに彼女にされて嫌だった行動」4選

②別れる別れる詐欺

「元カノがすぐに『もう別れる!』と言う子でした。最初は本気で焦っていたけど、こっちの気を引きたいだけなんだと気がついてからは、『あーはいはい』って感じでしたね。


でも、何回も言われると、本当に別れようかなと思ってくるんですよ。そんなに言うんなら、別れる? って…。元カノと別れたのはその発言が原因ではないけど、次に付き合う人は、簡単にそんなことを言わない子がいいです」(20代・男性)


③本音を聞き出してキレる

「こっちが我慢していることを、『こうなんでしょ? 本当はどう思ってるの?』と聞き出そうとする子は、やっかいだなぁと思います。喧嘩になると分かっているから言わないのに、どうして知ろうとするんですかね?


言ったら言ったで、『やっぱり! なんでそんなこと言うの? そっちだってこうじゃん!』ってキレるんですよ。意味がわからない。わざわざ聞き出してまでキレるって、なにがしたいんですかね」(20代・男性)

怒りにまかせて発言をすると、取り返しのつかないことになるかもしれません。爆発しそうなときは大きく深呼吸して、怒りを落ち着かせてからのほうがよさそうですね。

・合わせて読みたい→彼女の女友達にまで嫉妬…「独占欲をこじらせすぎた」男子の発言3選

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!