お酒に強すぎる彼女…男子の本音は?

ビールを飲む女性
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

酒豪というと、どうしても男性をイメージしやすい言葉ですが、女性でもお酒に強い人は多いですよね。しかし、なかなか彼氏にそれを話しにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで、fumumu取材班は、男性たちに、お酒が強すぎる彼女への本音を聞いてみました。


①外で酔わないのは安心

「僕以外のところで酔っ払ったときに、状況が見えないのってとても怖いですよね。知らない男がボディタッチしているかも知れないし、飲み会のノリでキスなんかしていたらと思うと、ゾッとします。彼女はそういうタイプではないと思っていても、男の方が力があるから、なにかあったらどうしようっていう心配は常につきまとうんですよ。


こんなのでいちいち彼女の飲み会を止めていたら、器の小さい男だと思われそうだし、プライドもあるから言わないんですけれど…。最初からお酒に強いっていうのなら、外で酔わないから、安心して送り出せるからとてもいいですよね」(20代・男性)


関連記事:会社の中でも? お酒の力を借りて行動する男に幻滅したエピソード3選

②酔っ払った一面を見る前に自分が酔いそう

「彼氏もお酒が好きであれば、お酒に強すぎる彼女でも一緒に飲んだりできて楽しいと思います。でも、そこまでお酒に強くない場合には、彼女の酔った一面を見たくてお酒を飲む…という理由も少しあるので、自分が先に酔いそうで、ちょっと残念かなと思いますね。


男ばかり酔っては顔が立たないですしね。どうしても先に酔った姿を見たいと思ったら、アルコールが少ないお酒とかを飲んで調整すると思いますけれど、それもなんだかって感じですね。難しいですね」(20代・男性)


③お酒代がかからないかな

「僕があまり飲まないので、彼女がよく飲むタイプだと、お酒代が気になってしまいますね。デートとかは基本出すようにしているので、毎回、高くつくお酒代も全部出すの?ってなると、ためらってしまうかも…。


仮に今の彼女と結婚するなら、お酒代はいったいいくらかかるのかな…とか、決して安くないものだからこそ、気になってしまいます」(20代・男性)


お酒に強いこと自体よりも、それによる結果にちょっと悩ませる男性はいそうですね。

彼と飲むペースを相談したり、お酒代は自分が持ったりなど、合わせて提案することができれば、すんなり受け入れてくれる人は多そうです。

・合わせて読みたい→彼女の「おっさん化」がツライ…男に見えてしまう3つのパターン

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!