女子たちが「恋」から「愛」に変えるために努力したこと3つ

彼との関係性を深めたいと思っても、どういうことをすれば深まるかわからない人も多いですよね。話を聞いてみました。

ハート
(lkoimages/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大好きな彼氏との付き合いが長くなると、恋からステップアップして、愛し合う関係になりたいと思うのは、自然なことですよね。

しかし、実際にどうすれば愛が育まれていくのかわからない人も多いことでしょう。そこで、愛し合うカップルの女子に話を聞いてみました。


①都合の悪い一面を無視しない

「過去に、好きな彼と結婚したくて、彼の都合の悪い一面を無視して、自分に嘘をついて受け入れたつもりになってしまったことがあります。結局、同棲してから脆く崩れてしまいました。


だから、相手の都合の悪い一面を無視せず、一旦自分の中でどう向き合うか考えるようにしています。そして、相手に対してイラっとしたことなどは我慢せず、タイミングを見て話すようにしています。こうすることで、お互いに嫌な思いをさせないよう思いやれるようになりました。相手のために少しずつ譲歩して変えてきたことだから、相性もますますぴったりになった感じがしますね」(30代・女性)


関連記事:恋と愛ってどう違うの? 愛に変わったと思った瞬間を聞いてみた

②相手をよく見る

「相手をよく見るのが一番じゃないですかね。恋愛していればできると思いきや、これがなかなか難しいんですよ。彼ならきっとこう思っているとか、カップルなんだから、こうに違いないとか、意外と思い込みで彼を決め付けていることが多いんです。


でも、決めつけないで彼をみていると、付き合って何年たっても新しい発見があるし、彼のことをますます深く知れて、愛おしくなっていくんです。決めつけて理想の彼をみているうちは恋だと思うので、本当に、よく見つめることは大事なことだと思いますよ」(30代・女性)


③彼の周りも大切にする

「恋から愛に変わるまで時間も関わってくるとは思いますが、私は料理に力を入れていました。家にきた時は美味しい料理で迎えることで相手への気持ちを表現したり、仕事で疲れているはずなので思いやりの気持ちを表現していました。


私が行動で表現するようになると、一緒にいる時間を長くしてくれたり、年上の彼だったので職場の相談や悩みを真剣に聞いてくれてアドバイスもしてくれたり、内面的なサポートにとても支えられました。逆に、私が心を開くことで、彼も自分の格好悪い一面を話すように…。


そして、彼のあらゆるものを受け入れようと思ったときに、自然と彼の家族や友人、今の彼を作り出した人たちというものに興味が湧きました。今は、交流などを通して、彼の周りも大切にしたいと思うようになって、これが愛なんだろうと思い始めましたね」(20代・女性)


言葉にしてしまえば簡単に見えるものですが、どれも実践が難しいものですよね。少しずつ、彼との仲を深めていけたらいいですよね。

・合わせて読みたい→裏で褒められるのも嬉しいけど…面と向かって褒められると好きになる?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!