やっぱりカワイイ! 流し前髪の簡単な作りかた

前髪は女の子の命。可愛い前髪を作っちゃおう。

前髪を下ろすか流すか。白石麻衣さんや石原さとみさんのようにふんわりと綺麗に流れた前髪はやっぱりかわいいし憧れますよね。

なぜかわいく見えるのでしょうか? どうやって作るのでしょうか?

今回は、かわいい前髪の作り方のポイントについて解説していきます。ぜひご自分でスタイリングをするときの参考にしてみて下さい。


■絶対的な黄金比がある

かわいい前髪には必ずといっていいほど黄金比が存在します。

前髪の範囲は黒目の外側から黒目の外側まで。分け目は黒目の内側から逆の目尻に向かって流す。

これでベースとなる黄金比が完成します。ベースが綺麗になっていると人にいい印象を与える、写真写りが良いなど得をすることがたくさんあります。まずは範囲を確認してみましょう。


関連記事:かわいいヘアスタイルには必ず「3つの丸み」があるんです

■場所によっての丸みが大事

ひとことで前髪と言っても一つ一つの丸みがとても大事です。細かく分けてカールを重ねていきましょう。

3つに分けるとわかりやすいかと思います。分け目、真ん中、流す方向と分けます。分け目のカールを強く、流す方向に向けて弱く作っていきます。

ヘビーゾーン(流す方向)のカールが強くなりすぎると上手く馴染まない、顔が大きく見えてしまうので要注意です。

カールの大きさを変化させることが、綺麗な前髪を作る上で非常に大事なポイントになります。


■質感は重すぎず、軽すぎず

今の前髪のトレンドはかなり軽めですが、王道の流し前髪は重すぎず軽すぎずです。

軽すぎてしまうと、流しにくかったり自分でスタイリングしにくかったりと、意外にもマイナスな面が多いのです。シースルーバングやオン眉前髪にはオススメですが。

反対に重すぎると、動きはほぼ出ないのでたくさん熱を通す結果になりダメージに繋がってします。全くすかないというわけではく、少し重た目を意識するといいでしょう。

前髪の作り方

かわいい流し前髪の作り方、少しは参考になったでしょうか? 範囲、カールの大きさ、量…どれもすごく大事です。

何より慣れることがすごく重要です。しっかりとイメージをして練習してみましょう。楽しみながら綺麗な前髪を作りましょう。

・合わせて読みたい→「縮毛矯正」髪が傷むイメージは昔の話…技術の進歩が不安を解消

(文/fumumu編集部・横瀬 卓

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!