彼女にするつもりはない? 男子がセカンドにだけ言う台詞

本気じゃないからこそ、つい出てしまう言葉があるようです。遊び相手にしか言わないセリフを、男性に聞いてきました。

カップル
(Doucefleur/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2人で会うしエッチもしているのに、なかなか彼女にしてくれない…。そう悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。相手の気持ちは見えないけれど、無意識に出るセリフに、本音が隠れているかもしれません。

今回は、二番手の女性にしか言わないことを、男性に聞いてきました。


①「暇なときまた連絡するね~」

「本命の子だったら、『いつ空いてる?』と事前に確認します。相手の予定に合わせて、こっちのスケジュールを調整することもあるし。会いたい気持ちがあるなら、こちらからデートの計画を立てるのはあたりまえだと思います。


遊び相手であれば、前もって予定を確認することはないですね。だいたい、『いま暇?』と当日にLINEすることが多いです。遊んだ後も、次のデートを取り付けることはしないですね。『また連絡するね~』と言って、解散します」(20代・男性)


関連記事:「本命」と「遊び」 男子がするアプローチ法の違いとは?

②「体の相性って大切だと思うんだよね」

「本命の子だったら、付き合う前にこんなこと絶対言わないですよ。もちろん体の相性は大切だけど、それよりも彼氏にしてくれるかが重要ですから。チャラいと思われて、引かれてしまったら最悪だし。


このセリフはつまり、『だから付き合わないけどヤらない?』ってことです。遊びの子にしか言わないですね」(20代・男性)


③「仕事が忙しくてバタバタだわ~」

「クリスマスやバレンタインに遊びの子と会って、本気になられても困るので…。イベントの予定を聞かれたら、仕事が忙しいと言って逃げますね。


イベントでカップルだらけの街に、本気じゃない相手と出かけるのも嫌なんです。街のラブラブムードには合わせられないし、どこに行っても混んでいて疲れるし。本命の子じゃないと、我慢できないことがたくさんあるんですよね」(20代・男性)

お互い「遊び」だと認識しているならいいですが、片方が本気であれば話は別です。相手に期待して傷つかないように、自分がどうしたいのかをゆっくり考えてみてもいいのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→「俺にはやっぱりこの子しかいない!」と男子が強く感じた3つの瞬間

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事