同性愛者だと隠している人たち…恋愛事情を聞いてみた

周りにカミングアウトしていないレズビアンカップルやゲイカップルもいますよね。彼らの恋愛事情を聞いてみました。

LGBT
(santypan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

レズビアン・ゲイなど同性愛者の存在が世間的に知られるようになったとはいえ、誰しもが理解する社会にはなっていませんよね。そのため、周囲に打ち明けずに、隠れて恋愛をしている人たちもいるようです。

fumumu取材班は、当事者たちに隠れながらどのように恋愛しているのか聞いてみました。


①友達のように

「普段は友達のように振舞っていますね。カップルだと公言できないのはモヤモヤしていますけれど、お互い周りにはカミングアウトしていないので…。


本当は、恋人らしくペアネックレスを堂々と身につけたいんですが『恋人同士』というイメージが強いので、お揃いのキーホルダーくらいで我慢しています。友達ど同士でもアリだと思って、ペアルックをした時は周りからギョッとされましたけど…」(20代・女性)


関連記事:いつも恋愛がうまくいかないと思ったら…自分はゲイでした

②デートはおうちだけ

「外だと堂々とイチャイチャできないし、カップルの場所に同性でいくと『なに?』という目で見られることもありますよね。実際には俺たちのことを言っていないのかもしれないけれど、なにかコソコソと話しているのが目に入ると、なにか言われてるんじゃ…と思ってしまいます。


そうするとデートに専念できないし、不愉快な気分になってしまうし、知人に会って噂されたら怖いし…と、デートは基本的におうちだけですね。たまに贅沢に旅館へ行くくらいです」(20代・男性)


③オフィシャルでは会話をしない

「恋人同士だと、距離感をうっかり間違えてしまうことがありますよね。あまりに近すぎて、周りが『なんかおかしいぞ』と思ってしまうのは避けたいです。


なんとなく、ゲイであることが理由で、仕事がクビになったり、役職に就けなかったりっていうデメリットが生じるんじゃないかと心配になってしまって…。リスクを避けるためにも、オフィシャルな場では会話をしない約束になっています」(20代・男性)


人前で恋人として堂々と接することができないのは大変そうですよね。

・合わせて読みたい→恋愛感情も性欲もないアセクシャル……言われて辛い3つの言葉

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!