同性愛者の悩みあるある「好きな人は異性愛者」 彼らを落とす方法は? 

レズビアンやゲイの人にとって、好きな人が異性愛者であることは深刻な悩みですよね。落とし方を聞いてみました。

LGBT
(Weedezign/Getty Images Plus/写真はイメージです)

異性との恋愛は世間でも「普通のこと」として捉えられていますが、同性を好きになる同性愛者もいますよね。

好きになった相手が異性愛者(ノンケ)だった場合、「気持ち悪がられるのではないか」、「関係性が壊れるのではないか」と不安を抱えることも多いようです。

そこで、fumumu取材班は、同性愛者の方たちに、好意を寄せているノンケと付き合うための秘訣を聞いてみました。


①憧れをもたせてから恋愛へ

「やはり、強く人間的に関心を持ってもらえないと、恋愛関係に発展するのは難しいですよね。自分から憧れを持ってもらうって、なかなかできないですけれど…。私は後輩を好きになったので、めちゃくちゃ自分磨きして、綺麗になって、良い先輩として接していました。


自分がレズビアンだってカミングアウトしたときには予想通り、かなり驚かれて混乱されましたけれど…。『憧れの先輩となら』って付き合ってもらえました」(20代・女性)


関連記事:同性愛者だと隠している人たち…恋愛事情を聞いてみた

②同性だからできるボディタッチ

「心の距離は、体の距離です。いかに相手のパーソナルスペースに入っていくかが大事になります。同性なら、手を触れるような身体接触を拒まれる可能性は極めて少ないですよね。


友達なら、一緒にお風呂に入るのも効果的です。洗いっこをするとか、ちょっと強引なところまで推し進めることもありますが、『女同士だから、恥ずかしがることはないよ』と言えば、応じてくれる子は多いです」(20代・女性)


③告白は対面

「からかいや冗談だと思われたくないし、文章だと本気さが伝わりにくいですよね。対面の方が相手の反応を見ながら、フォローしなければならない部分とかもはっきりわかります。だから、僕は絶対に告白するときは対面にしています。


幸い、僕がゲイでも受け入れてくれる友達がいるので、彼らにも恋愛相談をしています。そうすると、僕に告白された人が、それとなく僕の友達に相談したときに『ああ、あいつでしょ。前から相談されてたし、本気だよ』って念押しをしてくれるので…」(20代・男性)


同性愛者は辛い恋をしてしまいがちですよね。好きな人とうまくいくといいですね。

・合わせて読みたい→北川景子主演『家売るオンナの逆襲』LGBTの解説に大きな反響

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!