恋愛感情や性欲が全くないアセクシャルとは少し違う…デミセクシャル

アセクシャルとデミセクシャルは、似ているようで異なります。違いを聞いてみました。

LGBT
(Roman Didkivskyi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「LGBT」に加え、最近セクシャルマイノリティとして、「アセクシャル」などが言われるようになりました。

アセクシャルの場合、恋愛感情や性欲が”全く”ありませんが、デミセクシャルは、恋愛感情や性欲が”ほとんど”ないという言われ方をします。

この微妙な違いは、どこにあるのでしょうか。fumumu取材班は、当事者たちに聞いてみました。


①一目惚れをしない

「デミセクシャルは、アセクシャルの人たちと違って、恋愛感情や性欲を持つことがあります。だから、恋をして胸が苦しくなることもあるし、『したいなあ』っていう感覚もわかります。アセクシャルだと、そういうのがわからないみたいですね。


ただ、普通の恋愛と違って、一目惚れをしないので、そこで自分がデミセクシャルだと気付かされるんです」(20代・女性)


関連記事:アセクシャルって同性とも付き合えるの? エッチできるの?

②強い絆や愛情がきっかけになる

「デミセクシャルって、親友とか、なんでも相談できたり、本当に困ったときに手を貸してくれるような…絆を感じる相手に対して、恋をするんです。その人への執着心とか、深い情とかを感じるようになると、自然と…という感じですね。


私は自分がデミセクシャルだと最初は気付かなくて、『大学生なのに彼氏がいたことがないのってまずいよな…』っていう感じで、告白された男子と付き合ったことがあります。そのときも、最初は全然、恋愛的に好きになれなくて、困りましたね。でも、彼が優しくて尽くしてくれるタイプで、本当に心を預けられる相手になっていったときに、恋愛感情を抱いていることに気がつきました」(20代・女性)


③好きになる対象が異性とは限らない

「人を愛するのに、性別なんて関係ないですよね。デミセクシャルにとっては、なによりも繋がりが大事です。だから、男子はもちろん、女子を好きになることだってあります。


性別で恋愛をしないから、女装家さんを好きになることだってあるし、性別がないと言っているような人のことも好きになります。個を好きになるので、恋愛対象は無限大ですね」(20代・女性)


アセクシャルと違い、デミセクシャルの場合に、強い絆を持つ相手に対して恋愛感情や性欲を持つようです。

自分はアセクシャルだと思っていたけれど、あるとき…なんていうこともありそうですね。

・合わせて読みたい→アセクシャルだから恋愛やエッチができないは大誤解! その理由を解説

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事