「女性の生理」の討論に大反響 紗倉まなの発言に男性陣は衝撃

先月放送された『AbemaPrime』では、「女性の生理」をテーマに議論を展開し、大きな反響を呼んでいます。

AbemaPrime
(画像は『AbemaPrime』のスクリーンショット)

“オトナの事情をスルーする”をコンセプトに生放送で配信されている『AbemaPrime』(AbemaTV)。先月放送された番組内の企画では、「女性の生理」をテーマに議論を展開し、大きな反響を呼んでいます。

 

■生理=恥ずかしいこと?

「しんどい」「イライラする」「地獄」など、女性にとっては心身ともに苦しめられる生理。一方、生理を経験しない男性にとっては、話すことも聞くこともしづらい「未知の世界」でもあります。

経験しない(できない)ことを「理解しろ」とは求めていなくとも、なんとなく世間では“タブー視”されている現状に疑問を抱く女性もいるのではないでしょうか。本来、生理や生理用品は「恥ずかしい」ことでも、「隠さなきゃいけない」ことでもないはずです。

 

■「なぜ隠さなきゃいけないんだ」

番組では、先月行われた生理用品の大手「ユニ・チャーム」の新商品販売イベントを取り上げました。イベントに登場したのは、同番組レギュラーであり、胸が小さい人向けのランジェリーブランドを生み出したハヤカワ五味さん。

AbemaPrime
@AbemaTV

現在、薬局で紙袋に入れられるものは、コンドームと育毛剤、そして生理用品だといいます。五味さんは、「(生理用品を)なぜ隠されなきゃいけないんだ」「人前に出しちゃいけないものなんだ、という刷り込みがすごくある」と話します。

これが、「パートナーと生理について話せない」「女性同士でも恋バナはできるのに、生理用品についての悩みは相談できない」ということに繋がるとして、現状を変えていきたいと訴えました。

次ページ ■「生理用品専門店」構想中

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!