紫外線本番の季節へ! 日焼け対策を怠ったために後悔した出来事

夏に気になるのは、やはり紫外線です。しっかりと対策して、なんとしても日焼けを回避したいものですが…

日差しと女性
(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏が近づくにつれて、気になるのが紫外線です。日焼けはなんとしてでも、避けたいのが本音ではないでしょうか。

 

■4割が「日焼けを避けたい」

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、日焼けはなんとしても避けたいか、調査を実施しました。

日焼けはなんとしても避けたいグラフ

「なんとしても避けたい」と答えた人は、全体で40.6%でした。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも圧倒的に女性の割合が高くなっています。

日焼けはなんとしても避けたい性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、日焼け対策を怠って後悔したことについて話を聞きました。

 

①黒いまま戻らなくなった

「顔はメイクなどで日焼け対策をしているけれど、腕とかはほとんど気にせずに日焼け止めを塗ることもありませんでした。

 

若い頃は夏に焼けてもすぐに戻っていたのですが、年を取るとなかなか引きません。今ではすっかり年中、半袖の跡が残っている状態です」(20代・女性)

次ページ ②シミが出てきた

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!