あざといけど…結局「男子が虜になってしまう女子」5つのポイント

バレバレのモテテクニックに騙されるはずがない…と思いがちですが、結局、男性たちはあざとい女性に弱いようです。

甘える彼女
(Tzido/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

明らかに「モテ」を意識したあざとい女性の言動を見て、嫌悪感を抱く人は多いでしょう。しかし、男性たちに聞いてみると、計算だと分かってはいても、やっぱり惹かれてしまうと言います。

そこで、fumumu取材班が、「虜になってしまう女子」について、男性たちに詳しい話を聞きました。


①ボディタッチが多い

「ボディタッチが多い子は、どうしても意識してしまいます。


例えば、驚いた時にギュッと腕を捕まれたり、嬉しい時にハイタッチをしたり…。あからさまにベタベタされると引きますが、適度な距離感で自然に触れ合える感じは好感度がアップします」(20代・男性)


関連記事:上目遣いもシチュエーションなどが大事! 男子がドン引きするのは?

②上目遣い

「女性の上目遣いは、思わず胸キュンしてしまいます。計算かも…と思っても、やっぱりかわいいです。


上目遣いでお願いされたら、二つ返事でOKしてしまいます」(20代・男性)


③褒め上手

「社交辞令だったとしても、褒められて悪い気はしません。


褒められる時は、抽象的ではなく、ある程度の具体性があった方が心に響きます。『この子は僕のことをちゃんと見てくてれいるんだ』と、嬉しくなります」(20代・男性)


④好意バレ

「告白まではされてないけど、間違いなく自分に好意を持ってくれているのが分かる子は、安心できるし親近感がわきます。


以前、2~3日に1回ほど電話をかけてきてくれる子がいたんですが、1週間電話がなかっただけで無性にソワソワしてしまって。『もしかしたら、他の男のところに…!?』と想像したら居ても立っても居られなくなり、翌日には自分から告白してしまいました」(20代・男性)


⑤かまってちゃん

「『私、寂しがり屋だから、いっぱいLINEしちゃうかも…いい?』と、LINE交換時に自己申告してきた子。


何の前触れもなく頻繁にLINEをされたら鬱陶しく思っていたかもしれませんが、『寂しいんだな』『俺が相手をしてあげなきゃ』と、放っておけなくなってしまいました」(20代・男性)


これらの行動は、男性から見て「ヤレそう」と軽い女認定されてしまうリスクも併せ持っています。

使う相手はよく見極めるように、気をつけましょう。

・合わせて読みたい→これは高確率な脈ありサイン! 男子からの好意だだ漏れLINE

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!