安い・おいしい・カワイイ! 女子の好きが詰まったマレーシアの魅力

日本人の移住率が高いマレーシアの人気の秘密を調べてみました!

クアラルンプールの屋台
(Lina Moiseienko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

旅好き女子の間でも、人気を集めているマレーシア。人気の秘密は物価の安さと美食国家であること、そしてカワイイ雑貨や街並みなども注目されています。人気の秘密を調べてみました。


■クアラルンプールの人気屋台で世界の美食を食べつくす

多国籍国家のマレーシアは、マレー料理、中華料理、インド料理など様々な国の料理が充実しています。観光客に人気なのは屋台街「ジャラン・アロー」。夜になると何十軒もの屋台がオープンし、リーズナブルに食事を楽しむことができます。

有名なマレーシア風肉の串焼き『サテ』から、自分で具を選んでオーダーするマレーシア風鍋『スチームボート』まで種類豊富! 豚肉を漢方や香辛料で煮込んだ『バクテー』は、胡椒ベースのクリアなスープのシンガポール風『白バクテー』と、醤油ベースだがあっさり味のマレーシア風『黒バクテー』を食べ比べてみるのも楽しいですね。


関連記事:憧れの海外就職…アジアで日本人女性が生活しやすい国はどこ?

■SNS映え抜群なピンク&ブルーのモスク

View this post on Instagram

マレーシアではモスク見学も楽しみの1つ😊 写真はどちらもクアラルンプール近郊の都市にあるモスクで、通称ブルーモスク、ピンクモスクと呼ばれています。 ブルー👉スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・モスク ピンク👉プトラ・モスク どちらに行こうか悩みます😌 マレーシア政府観光局公認SNSサポーター'Friends of Malaysia'第一号 中田彩さん @ayagramcolorfulmalaysia のお写真📷です✨ 青空にモスクが映えてとても美しいですね😍 #friendsofmalaysia #モスク #ピンク #ブルー #イスラム建築 #マレーシア #旅行 #pink #blue #mosque #islamicarchitecture #malaysia #travel #holiday

A post shared by マレーシア政府観光局日本 (@tourismmalaysia_japanoffice) on

また、「SNS映えする!」と人気なのは、ピンクのモスクとブルーのモスク。ピンクのモスク『プトラモスク』は首都クアラルンプールから南に20㎞行ったプトラジャヤ(Putrajaya)という都市にあります。プトラジャヤにある植物園『Taman Botani』にある、モロッコの伝統的な建築様式を用いた『モロッコ・パビリオン』もおすすめです。

ブルーのモスク『スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク』があるのは、クアラルンプールから南西に30㎞に位置するシャー・アラム。どちらも電車で30分ほどの距離なので日帰りで行くことができます。


■カラフルでかわいいマレーシアの雑貨

CENTRAL MARKET公式サイトより)

多国籍国家のマレーシアはカラフルでかわいい雑貨の宝庫。クアラルンプールのチャイナタウンにある『セントラルマーケット』で、ばらまき土産を安くゲットしましょう。

『セントラルマーケット』へのアクセスはクアラルプール『パサール・スニ駅』から歩いて行ける場所にあります。迷路のようなマーケットの中にはバッグやアクセ、衣類、美容効果の高いランカウイ島名物のなまこ石鹸など、様々な土産屋がひきめきあっています。

たくさん買うと割引きもできるので、上手く交渉しつつ掘り出し物を探してみてくださいね。

羽田から約7時間半で行けちゃうマレーシア。クアラルンプール自体は小さい町なので、2泊くらいでも楽しむことができそうです。今年の夏休みはマレーシアの旅行もアリかもしれません!

・合わせて読みたい→飲むだけじゃ足りない! 東京でタピオカたっぷりのスイーツが食べられる店3選

(文/fumumu編集部・カワノアユミ

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!