後悔しかない…浮気を許してしまった女子の苦悩

許せると思っていても、やっぱり許せなかった彼氏の浮気。浮気発覚後の辛かった経験について聞いてみました。

悩む女性
(MangoStar_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本当は嫌なのに、別れたくないから…と浮気を許してしまう人は少なくありません。

しかし、その後どうなったのかを聞いてみると、浮気に気づく前のように戻れるわけではないと言います。

fumumu取材班が、浮気を許してしまったあとの苦悩について、女性たちに詳しい話を聞きました。


①常に彼氏の浮気を疑ってしまう

「彼氏と会えない時は常に、浮気を疑ってしまいます。


彼氏に送ったLINEが既読にならないだけで、『もしかしたら、まだ浮気相手と一緒にいるのかも…』と、常に不安を感じています」(20代・女性)


関連記事:寂しくてつい浮気をしてしまった…彼氏に許してもらう方法は?

②彼氏の言動を信じられなくなった

「浮気が発覚してからは、彼氏が言うことなすこと全てが信じられなくなってしまいました。


『仕事で忙しい』と言われても、『嘘をついて、また浮気しているのかも…』と疑心暗鬼になってしまいます」(20代・女性)


③自分とほかの女性を比べてしまう

「浮気がバレた時、彼氏はただ謝るばかりで理由を教えてはくれませんでした。そのせいか、自分とほかの女性を比べるようになってしまいました。


『顔がかわいい』とか『服装がオシャレ』など、誰かと比べて自分が劣っていることや不足していることばかりが気になってしまって…心理的に追い詰められています」(20代・女性)


④自分自身を見失ってしまった

「彼氏に浮気されてから、自分に自信がなくなってしまいました。『また浮気されてしまうかもしれない…』という恐怖感から、彼氏の顔色ばかり伺うようになってしまって。


完全に、自分自身を見失ってしまいました」(20代・女性)


⑤自分自身に嫌気がさす

「彼氏を疑い続け、自分さえも信じることができなくなってしまった今、自分自身に嫌気がさしています。


彼氏と一緒にいると、どんどん自分が嫌な人間になっていくような気がして…もう終わりにしたいです」(20代・女性)


別れるのは辛いし、一人になれば寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

でも、一緒にいて幸せを感じられないような相手との関係は、見直した方がいいのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→存在アピールか! 遠距離恋愛中の彼氏の部屋で見つけた「浮気の痕跡」

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事