恋愛中の女性が「私って愛されてるなぁ…」と実感した瞬間

彼に愛されているか不安な子も、気がつかないうちに愛情をもらっているかもしれません。

カップル
(VichienPetchmai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛中の女性のなかには、恋愛ドラマのような展開はなくても日常の小さなことで、彼の愛情を感じることもあるようです。fumumu取材班が、彼に愛されていると実感した瞬間を聞いてきました。

 

①寝ぼけているのに、手を繋ぎなおしてくれる

「彼の家に泊まった夜、一緒のベッドで寝ていたときのことです。手をつないで寝ていたけど、彼の寝返りで手が離れてしまったんです。

 

よくあることだし気にしていなかったんですが、彼は寝ぼけているのか目を閉じたまま、布団の中でもぞもぞと手を動かし始めました。なんだろ? と思っていたら、私の手を見つけてぎゅっと握りなおしてきたんです。手を繋いで満足したのか、また寝息が聞こえてきました。

 

そんなに私と手を繋ぎたいのかー! と思って、かわいくて嬉しかったですね」(20代・女性)

 

②ふとした発言を覚えていてくれる

「一緒にコンビニに行ったときに、何気なく『このアイス好きなんだ~』と彼に言ったことがあったんです。そしたら、別の日に私の家に遊びに来たときに、そのアイスを買ってきてくれて…。

 

何気なく言ったことを、ちゃんと覚えていてくれるんだなぁ~と、とっても嬉しかったです。飽きたときもちゃんと言わないと、お土産で買い続けてくるのがネックですけど(笑)」(10代・女性)

 

③体調が悪いときに気づかってくれる

「体調が悪くてデートをキャンセルしたとき『一人暮らしで買い物に行けないかなと思って』と、彼がポカリや薬を持ってきてくれたんです。熱も出て動けなかったので助かったけど、お茶でも出さないといけないかな? と億劫な気持ちもありました。

 

でも、彼は荷物を置いたらすぐに『ゆっくり寝てね』とバイバイしてくれて…。必要な物を持ってきてくれたことも嬉しかったけど、話すこともしんどい私の気持ちを察してくれたことに感動しました。

 

正直、今までの彼は家に来たらエッチに持ち込もうとする人ばかりだったので、本当に大切にされているんだなと思うことができました」(20代・女性)

 

「私って愛されてるなぁ」と思えることって、たまらなく幸せなことですね。自分では気がつかない小さな行動にも、彼の愛情表現が隠れているかもしれません。

・合わせて読みたい→親から手を上げられた経験はある? 虐待の連鎖を防ぐ方法とは

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!