彼女に赤ちゃんのようにオギャりたい…彼はどんなことを求めてる?

特に忙しい男性はオギャりたいそうですが、なかなか意味やしてほしいことがわからないですよね。そこで、詳しく話を聞いてみました。

ベッドの上のカップル
(Tzido/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一時期、「バブみを感じてオギャりたい」という言葉が流行りましたよね。「母性を感じる彼女に赤ちゃんのようにオギャりたい…」という意味で、特に仕事で忙しい人を中心に多くの男性の理想像であるそうです。

この「オギャる」とは、具体的にどういうことなのでしょうか。fumumu取材班は、男性たちにしてほしいことを聞いてみました。


①いっぱい撫でてほしい

「人の目があると、なかなか撫でてもらうことってできないじゃないですか。それに、なんとなく男性から女性にする行為っていう感じがするので、あまりお願いできないんですけれど…。2人きりのときに、本当はめちゃくちゃ頭を撫でられたいですね。


わしゃわしゃされるだけでなんかすごく安心できるし、認めてもらえてるっていう感じがします。なかなかこういう一面を出すことってできないし、親からも自立している必要があって欲求を満たすことができないから、思いっきり子供扱いしてくれたら、本当に良いですよね」(20代・男性)


関連記事:彼が2人きりのときに赤ちゃん言葉…つい喋ってしまう理由は?

②胸元でハグしてほしい

「胸元へぎゅっとハグして欲しいですね。胸に顔を埋められたら最高です。彼女の匂いと心臓の音で落ち着くし、胸の柔らかさが堪能できて最高です。決してエッチな気持ちからではなくて、本当に童心に帰れるような感覚が最高です。母性に包まれるのって、いくつになっても嬉しいんですよね」(30代・男性)


③甘やかしてほしい

「実は、いつまでも女の人に甘えたいんです。でも、そんなことを言ったら、『うわぁ…』って引かれてしまうかも…。そんな葛藤があるので、彼女の方から率先して甘やかしてくれたら、めちゃくちゃ良いですよね。もう、彼女なしで生きていけないかも…。


赤ちゃん言葉で母親に甘えるようにバブバブしたいです。ここまで甘えちゃうのは抵抗があるから、彼女側に受け入れの体制があっても、慣れるのに時間がかかりそうですね…」(20代・男性)


男性も、なかなかここまで甘えるのは恥ずかしいようで、オギャりたいと思っていても、現実は難しいそうです。母性を身につけて、彼を目一杯甘やかすことで、彼の願望を叶えつつ、新しい一面を見ることができるかもしれません。

・合わせて読みたい→表では癒やし系なのに…愛嬌のある男子に見た禁断の裏の顔

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!