外では普通にしてても…自分だけの「ちょっと変わった楽しみ」

外ではいたって普通の人と思われている人でも、家でひっそりと変わったことを楽しんでいるかもしれません。

ヘッドホンで音楽を聴きながらジョギングする女性
(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分は他人と違った存在でありたいと思いながらも、「変わっている」と言われるのはあまりうれしい気持ちにはなりません。とはいえ、ほどほどの個性を出すのも難しいことです。

 

■「変わっている」と言われても大半は喜ばず

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「変わっている」と言われるとうれしく思うか、調査を実施しました。

「変わっている」と言われるとうれしく思うグラフ

「うれしく思う」と答えた人は、全体で19.3%と少ない割合でした。

fumumu取材班は女性達に、自分でも変わっていると思う密かな楽しみについて聞きました。

 

①足の爪をできる限り伸ばす

「私はズボラな性格なので、いつの間にか爪が伸びています。手は見えるためたまに切るのですが、足は靴下を履けば見えないのでかなり伸びてから気づきます。

 

そしてようやく『伸びたな』と気づいたときからが、楽しみの始まりです。伸びた爪を見たり触ったりしていると、切るのがもったいなくなってきて…。

 

そこからしばらく放置して、『もうさすがにダメだな』と思うときまで伸ばし続けるんです」(20代・女性)

 

次ページ ②同じ曲を数時間リピート

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!