店員にカッコつけてどうするの…会計でイラっとした彼の行動

食事のときに、なぜか彼女ではなく店員にカッコつけてしまう男性もいるようです。詳しく話を聞いてみました。

支払い
(Tomwang112/Getty Images Plus/写真はイメージです)

デート中に店員の前で格好つける男性は多いようですね。そんな彼をみてイラっとしてしまうことも…。

fumumu取材班は、特に強烈な格好つけエピソードを女性たちに聞いてみました。


①ここは僕のおごりで

「初デートでそこまで高級なレストランでもなかったのですが、わざわざ『ここは僕のおごりで』と言ってきた男がいました。『なんかキザだな』と思って、この時点で、自分の中で彼と付き合うのはないな…と気持ちがすっかり冷めてしまったのですが…。


驚くことに、後からきっちり半分を請求してきましたね。いや、私じゃなくて店員にカッコつけたかったんかい! とびっくりしてしまいました。本当に気持ち悪かったです」(20代・女性)


関連記事:不倫してしまったら…経験者女子が語る「覚悟するべき」3つのこと

②事前に請求

「婚活で出会って、お付き合いを始めたばかりの彼がとんでもない人でしたね。おしゃれなバーで、彼が慣れたように私の希望を聞きながら色々注文してくれたんです。だから、ちょっと素敵だな…なんて思ったりしました。お会計のときも『5000円でいいよ』なんて言ってくれたので、スマートだなと感心してしまいました。


しかも、私がトイレに行っている間に会計を済ませてくれたんですよ。それで、待たせる時間がないし、なんて素敵なんだろう…と思ったのもつかの間でした。ちらっと見えてしまったレシートには、8000円くらいの請求金額が書かれていたんです。明らかに半分以上取られていますよね。しかも、ちゃっかりクレジットカードでポイントまでつけてるし…。なのに、お別れをするまで彼は何も言わなかったので、そっと連絡を断ちました」(30代・女性)


③僕がいないとダメなんだから

「いつもは彼氏と割り勘です。けれど、その日は本当にたまたま財布に現金が入っていなくて…。会計時に、後で払おうと思って、とりあえず彼に謝ったんです。そしたら、彼は『俺がいないとダメなんだから』と言いながらお金を支払ったんですよね。内心ですごくムカムカしてしまいました。


いつもは奢ってないのに、側から見れば『世話してやってる』とも取れる物言いにカチンときたので、その後、食事代を突きつけてそのまま別れてしまいました」(20代・女性)


彼女ではなく、店員に格好つけるのは、よくわからないですよね。彼を立てるべきか、はっきり不満を言うべきか悩むものです。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!