出会いの場によって違う…理想の相手に会うために適切な場所は?

出会いの場所によって、付き合う彼氏の特性も少し変わってきそうです。そこで、聞き込みを行いました。

飲み会
(Sinenkiy/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏が欲しいのに、なかなか彼氏ができない人は、どのように彼氏を作ればいいか悩んでいるでしょう。そもそも作り方がわからないと、モテテクも使えないですよね。

そこで、fumumu取材班はカップルたちに、出会ったきっかけとメリットの聞き込みを行い、出会った場所別の特徴をまとめてみました。


①まずはとにかく彼氏を作りたい

「なんとなく彼氏が欲しいな…と思っていた時期だったので、出会いの場として定番な合コン・クラブ・イベントサークル・飲み会などにとにかく参加していましたね。こういう場所にくる男子の多くは、『彼女を作りたい』と思っているので、うまくアプローチすればすぐに彼氏ができます。


まずは交流して、気になる男性を見つけたら、ガンガン攻めるのみですね。ノリのいい彼氏を作りやすいと思います」(20代・女性)


関連記事:仕事が忙しくて出会いがない! どうやって恋愛相手を探せばいい?

②一緒に楽しめる彼氏が欲しい

「私はスキーが趣味だったんですが、スキー場で今の彼と出会いました。やっぱり趣味の場所での出会いなら、共通の趣味を持った相手と付き合えるから、休日のデートも誘いやすいし楽しめると思います。特に、アウトドアなら、ガンガンアウトドアで遊べるからいいですよね」(20代・女性)


「ちょっとお堅いんですが、彼女とは技術系の人たちのオフ会で出会いました。はたから見てると、カップルでそんな話をして楽しいのか? と思われそうですけど…。ほぼずっとIT技術の話で盛り上がってますね」(30代・男性)


③長く続く相手と出会いたい

「恋愛が目的ではなくて、時間がかかってもいいから、いつか本当に気の合う長く続く相手と出会いたい…と思っているなら、仕事などで忙しいときの出会いがいいと思います。恋愛マジックにかかりにくく、『それでも付き合いたい!』『アプローチする時間を使ってもいい』と思わないとお互いに付き合わないので、長く続くことが多いですよ。


私も仕事に専念していたときに彼と出会って、彼とは仕事上での出会いです。2年くらい付き合いが続いて、今では『近い将来、結婚しよう』という話が出ていて、結婚に向けた準備を始めています」(20代・女性)


全てにおいて受け身だと、彼氏を作るのは難しそうですね。直接出会うための努力をしたり、何かに打ち込んだりすることが大切になりそうです。

・合わせて読みたい→脈ありサインだけじゃない? 男子がLINEを教えたい女子のボーダーライン

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!