内緒にしているつもりでも…社内不倫のバレバレな言動5選

バレていないと思っているのは、当事者同士だけ…なんてこともあるかもしれません。

オフィスのふたり
(Yagi Studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

リスクが高すぎる社内不倫。もしバレてしまえば、家族だけでなく、仕事まで失ってしまう恐れもあるでしょう。

しかし、当人同士は内緒にしているつもりでも、案外、周囲は察しているものです。

fumumu取材班が、社内不倫のバレバレな言動について、経験者たちに詳しい話を聞きました。

 

①年の差があるのにタメ口

「20歳以上年の差がある上司を相手に、『うんうん』と、タメ口で受け答えしている女子。上司と部下の関係には全然見えませんでした。

 

上司は結婚しているので、多分、不倫してるんでしょうね」(20代・女性)

 

②距離感がやたらと近い

「打ち合わせとは言え、並んで至近距離で話している姿は怪しく見えます。

 

いくら仲が良かったとしても、先輩の既婚男性社員に対してボディタッチするとか…絶対にありえません。不倫関係にしか見えません」(20代・女性)

 

③会話に名前がよく出てくる

「『この前、●●さんが…』とか『●●さんもそう言ってたよね』など、会話に名前がよく出てくる人って、親しい関係なんだろうな…って思ってしまいます。

 

その相手が結婚している男性だったとしたら、当然に不倫を疑ってしまいますよね」(20代・女性)

 

④違う名目で同じ場所にいる

「上司と同僚が、別々の目的で同じテーマパークにいたことをSNSで知りました。

 

『市場調査で』とか『友達と一緒に』などとそれぞれ投稿していたのですが、写っているのがお互いに本人だけなのが不自然に見えました。一緒に不倫デートでもしていたのではないかと、周囲で噂になっています」(20代・女性)

 

⑤さりげなく文具がおそろい

「同期に、『彼氏からもらった』と、エルメスの手帳カバーを自慢されました。羨ましく思っていたので印象に残っていたのですが、気がつけば全く同じ手帳カバーを部長も使っていてビックリ!

 

部署内では、不倫しているともっぱらの噂になっています」(20代・女性)

 

心当たりのある人は、気をつけたいものですね。

・合わせて読みたい→不倫相手の妻にバレた「意外なきっかけ」 原因は100%彼でも悲惨な修羅場に

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!