好きな人じゃないけれど…付き合ってみるメリット3つ

手をつなぐカップル
(Chayantorn/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

告白されたときに、特別意識していた相手でなくても、容姿が好みであったりすると「付き合ってみようかな…」と思うことがありますよね。好きじゃない人と付き合ってうまくいくことがあるのでしょうか。

fumumu取材班は、恋をしていないけれど付き合ってみたことがある女性に、メリットを聞いてみました。


①期待が高すぎない

「好きな相手と交際ががはじまったときは、付き合い始めが一番『最高の彼氏』に見えている状態だと思うんですよね。でも、好きじゃないけれど、試しに付き合ってみた人って、あまり期待していないと思うんです。だから、むしろ『あ、この人ってこんな良いところがあったんだ』って気づくことが多くて…。


マイナス面が増えていく恋愛じゃなくて、プラス面が増えていく恋愛ができると思うんです。彼の嫌な一面が見えても、初めから期待していなかったから、『あ、そうなんだ』って感じで、あまりショックを受けないんですよね」(20代・女性)


関連記事:レズビアンの人が語る…女性同士で付き合うメリット

②肩に力が入りすぎない

「やっぱり、好きな相手だと、『振られないように』『嫌われないように』って、かなり気を遣いますよね。少しでもかわいく見られたいから、おしゃれや言動もかなり気をつけるし、しっかり準備もすると思います。だから、楽しいけれど結構疲れてしまうことが多くて…。周りが見えていなくて、空回りすることもありましたね。


でも、好きな相手じゃないと、そこまで頑張らないじゃないですか。逆に、それで肩に力が入らないので、自然体で付き合うことができました。それで、意外とうまくいきましたね」(10代・女性)


③新しい考え方に触れられる

「好きな人同士で固まっていると、似たような考えをする人とばっかりで集まってしまいますよね。でも、顔が好みだからってOKした彼は、性格もよく知らないまま付き合ったので、だいぶ考え方が違いました。話しているうちに、いかに自分の視野が狭いかっていうのに気がつきましたね。


『こんな考え方もあるんだ』っていう気づきがあって、とても楽しかったですよ。いろんな視点から物事を見ることができるようになったと思います。とても勉強になりましたね」(20代・女性)


もし興味があるなら、付き合ってみるのも方法みたいですね。自分の気持ちに正直になってみると良さそうです。

・合わせて読みたい→人それぞれなのに…バイセクシャルにある3つの誤解

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事