彼らはどういうつもりなの…? ストーカー男性の心理とは

なぜストーカー化してしまう男性がいるのでしょうか。経験者に話を聞いてみました。

ストーカー
(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

脳科学的に女性よりも男性の方がストーカーになりやすい傾向にあると言われています。実際に、被害にあった経験のある人もいるのではないでしょうか。

彼らはなぜ、ストーカー化してしまうのでしょうか。fumumu取材班はストーカーをしてしまった経験のある男性に話を聞いてみました。


①彼女を全て知りたい欲求

「正直、言われるまでストーカーだとは気づきませんでした。彼女のSNSを全てチェックするのは好きなら当たり前だと思っていましたから…。グループLINEなどを含めて、SNSに落ちている写真を集めるのも、おかしいことだとは思っていませんでしたね。


彼女のことを全て知りたいという衝動は、わりと誰にでもあることだと思います」(20代・男性)


SNSで公開するものは、誰かが使用する前提でいた方が良さそうですね。プライベートな写真を人に送ってもらう場合には、特定の人しか見られない場所を選んだ方がリスクが低そうです。


関連記事:彼は大丈夫…? ストーカーになりやすい男子の特徴を聞いてみた

②他の男性の影がないか気になる

「やっぱり、好きな子に彼氏がいるかどうかって気になりますよね。でも、本人に聞く勇気もないので、彼女の生活から彼氏の存在を探ってしまいます。SNSを漁るのもそうですし、彼女の休日の様子を見に行くのもそうですし…。


それくらいしないと、直接聞かないで男の影を逃さない方法って難しいですよね」(20代・男性)


相手に恋人がいないかわからない場合に、ストーカーをしてまで知ろうとしてしまう人がいるようです。彼氏がいるかどうかしっかり公言し、恋人を作りたいかどうかまではっきりさせておくと良いのでしょうか。不便な社会ですね…。


③元カノに依存していた

「振られた元カノをストーカーしてしまった経験があります。僕には彼女しかなかったし、どう失恋を癒していいかわからなかったんです。もう友達にもなれないから、僕は彼女をストーカーすることしかできる行動が残されていなかったんです…。


とりあえず、そうでもしないと、生きていられないくらいに辛かったから、してしまったっていう感じです」(20代・男性)


あまりにストーカー被害が酷いようなら、知り合いであっても、警察に突き出した方が良いでしょう。問題になる前に対策を練らなければ、のちのち大変なことになってしまいます。

・合わせて読みたい→まるでストーカーに…元カレに未練がありすぎてしたおかしな行動

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事