婚活やSNS恋愛でのプロフィール写真…どんなものを選ぶといい?

婚活やSNS恋愛では、写真がかなり重要になってきます。選ぶ際にはどのような点に注意したら良いのでしょうか。話を聞いてみました。

自撮りする女性
(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

婚活やSNSでの恋愛では、相手に伝える自分の情報として、一番重要なのが写真。容姿を伝える写真が恋愛を左右することもありますよね。プロフィール写真の選択は慎重になりたいものです。

そこで、fumumu取材班は、婚活をしている女性に、写真を選ぶ際の注意点を聞いてみました。


■盛りすぎはダメ

「会う前の期待値が高すぎると、会ってからどんなにいい女性として振舞っても、男性にとっては容姿の期待を裏切られた落胆の方が大きくて、ちゃんと自分を見てもらえなくなってしまうんですよ…。だから、いくら会う約束をこぎつけたくて、写真を綺麗に盛っても、その後が続かない可能性はめちゃくちゃ高いです。


一番いいのは、会ったときに、『確かに本人だな。写真はうまくかわいく撮ったんだな』と思ってもらえるくらいの盛り具合だと思います。あくまで特徴はわかる写真にしておくべきですね」(30代・女性)


関連記事:結婚願望はあるけど、疲れた…「婚活を辞めた理由」聞いてみた

■美形に写っているかより雰囲気

「女性って顔のパーツを意識しがちですけれど、男性って全体の雰囲気で美人かどうかを判断するらしいんですよね。だから、自分の顔のパーツが整って見える写真よりも、全体的に見て雰囲気が良く撮れている写真の方がいいと思います。


と言っても、やっぱり女性が見る目と、男性が見る目って違くて…。いくら理屈が分かっていても、男性に見てもらうと『え、こっちのがよくない?』っていうのはよくあります。だから、理想は、男友達に複数枚の写真を送って、いいものを選んでもらうことでしょうね」(20代・女性)


■可愛い写真は数枚用意

「用心深い男性は、写真1枚じゃ納得しないんですよね。あと、単純に相手に気に入られた場合、何枚か写真が欲しいっていう人もいるみたいです。


でも大体は1枚、めちゃくちゃ頑張って撮った写真を盛っているだけなので、いきなり言われると焦ってしまうんですよね。言われてから変な時間が空くと怪しまれてしまうし、かなり困ったことになると思います。


だから、1枚だけ持っておくのではなく、『他の写真もないの?』と言われたときに、さっと出せるように、勝負写真を複数用意しておきます」(30代・女性)


女性目線だけで写真を選ぶのではなく、男性目線も取り入れた方がうまくいきそうですね。

・合わせて読みたい→マッチングアプリで彼ができない女子のやりがちなこと

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事