彼の女友達に嫉妬してしまうときの応急処置

彼氏の女友達に嫉妬するのはよくないと思いつつも、気持ちが抑えられないことはあるでしょう。うまく付き合う方法を聞いてみました。

カフェのカップル
(Wanmongkhol/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

嫉妬するのはよくないとわかっていながらも、どうしても彼の大事な女友達に嫉妬心を抱いてしまうことはありますよね。

どうすることで、うまく付き合っていくことができるのでしょうか。fumumu取材班は、嫉妬をうまくコントロールしている女性たちに聞いてみました。

 

①恋人として紹介してもらう

「略奪系女子は確かにいるので、女友達に恋人として紹介してもらうくらいで、何かが起こることを完全に防ぐことはできないんですけど…。でも嫉妬の大半って、相手を知らないから不安になって、勝手にあれこれ考えてしまうせいだと思うんですよね。

 

だから、恋人として紹介してもらって、それで女の子が引いてくれたらラッキーだし、それよりも1度会って、女の子の性格とかを自分で見ておくのがとても効果があると思っています。女の勘って鋭いから、『あ、この子は安心だな』とか、1回会うだけでも見える部分ってあるんですよね。

 

それに、彼が簡単に恋人として紹介してくれるってことは、その子とはやましいことが全くないんだなって確認ができるので、過剰な嫉妬心を軽減することはできますよ」(20代・女性)

 

②彼氏に素直に伝える

「感情的になったら彼を困らせてしまうので、あくまで気遣いを忘れてはいけないんですけれど…。嫉妬してしまった自分を彼に伝えるようにしています。そうすると彼も喜んでくれるし、嫉妬させないように考えてくれるんですよね。

 

私の場合は『友達との距離が近すぎて嫉妬しちゃった』って伝えたら、私の気持ちを汲み取って、距離感を考えてくれるようになりました。さすがに『会うな』とか、過剰なことを友達に対していうことはできないですけれど、相談すれば彼氏もそれなりに行動に移してくれると思いますよ」(20代・女性)

 

③女性の怖さを彼にも伝える

「ただ感情的になったり、女友達を否定してしまうのはよくないと思います。でも、『私の友達にも、彼氏がいる男の人を酔っ払わせて持ち帰るタイプの女の子がいるし、実は多いから不安なんだよね』みたいな感じで、きつくない言い方でそれとなく彼に、女性の怖さを伝えるのはアリだと思います。

 

彼も『えっ、そんな子いるの…』って反応してくれるので、『恋話とかすると、よく聞くよ。男の人には絶対に見せないけれどね』という感じで、念を押しています。

 

女友達がそうだと押し付けてしまうと、彼が『絶対そんなことない!』って怒っちゃうと思うので、あくまで『そういう子が多い』『不安』と伝えて、その不安を取り除いて欲しいことをお願いしていますね」(20代・女性)

 

先手を打って、釘を刺しておくことがポイントになりそうですね。嫉妬で辛い思いをしている人は、彼に相談してみてはいかがでしょうか?

・合わせて読みたい→友達だからこそ嫉妬する? 女友達が「うらましいなぁ」と思う瞬間

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!