男子が思う「本命」と「キープ」の違い

本命かキープかわからなくなってしまったときは、どのようなところで見極めれば良いのでしょうか。男性たちに聞いてみました。

喜び男性
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分は本命のつもりで付き合っていたのに、セカンド女子にされていたことが発覚した経験がある人はいますよね。

そんな経験をしたら、本命なのか、あるいは自分が浮気相手やキープなのかと疑心暗鬼になってしまいそうです。どのようなところで、見極めれば良いのでしょうか。

fumumu取材班は、男性たちに本命とキープの違いを聞いてみました。

 

①下ネタを言うか

「キープだったら、性に対してオープンな方が嬉しいですよね。体の関係にも抵抗なさそうだし、都合がいいと思います。でも、本命には下ネタを言って欲しくないのが本音…。自分だけに秘められた感じとか、得意じゃないのに頑張ってくれている姿に萌えるんですよね。

 

まあ、それは好みの話なので、実はもうちょっと大きな理由があって…。男って、下ネタを平気でいう相手に対して『簡単にやらせてくれそう』っていう認識を持つ人が多いと思うんですよ。だから、本命がそうだとヒヤヒヤしてしまうし、軽い女に見えて、本命にするのに抵抗を感じてしまいます。

 

だから、付き合っている僕には言ってもいいんですけれど、誰にでも彼にでもオープンにして欲しくないっていうのが本音ですね」(20代・男性)

 

②面倒臭いか

「キープって、最低限維持する労力だけ割きたい対象ですよね。できる限りのエネルギーは、もっと別に落としたい女の子とか、本命彼女に割きたいと思います。だから、キープは面倒臭くない子が絶対条件なんですよ。なんなら、『セカンドでもいいから』みたいな感じで、俺のこと第一で、都合のいいように振舞ってくれる方がいいと思うんです。

 

でも、本命の相手は、好きになった人で、どんな悪いところを持っていても受け入れたいと思う女の子ですよね。だから、多少面倒臭くても、付き合おうと思います。そこが本命とキープでだいぶ違うんじゃないですかね。もちろん、最初から重すぎると引いてしまう男は多いと思いますけれど。ようは、扱いやすいかどうかだと思います」(20代・男性)

 

③プライベートを知りたいか

「キープの言った細かいことまで、いちいち覚えている男性は相当マメだと思います。大体はそんなに覚えられないので、キープのことまで記憶できません。だから、キープが言ったことなんてあまり記憶にないし、そもそもプライベートに興味がないから聞こうとも思いませんね。

 

逆に、本命の子のことはなんでも知りたいし、話題を見つけてそこから盛り上がれるといいな…と思うので、割と質問ぜめにしてしまうと思います」(20代・男性)

 

怪しいと思ったら、彼に確認してみたいところです。本命だったらきっと、不安になっている女性を前にして、安心させようとしてくれますよね。

・合わせて読みたい→浮気性同士だからわかりあえる? W浮気願望を持つ男女の共通点

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!