マンネリカップルの会話にありがち…相手の心が冷める「聞きたくないワード」

不安な気持ちでつい言ってしまった言葉が、彼の気持ちを遠ざけるかもしれません。

聞きたくない男性
(deeepblue/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

長く付き合っているカップルなら、マンネリを感じることも少なくないですよね。相手の気持ちを信じられずに、不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。一方で、自分からつい出てしまった一言が、逆に相手も気持ちを冷めさせてしまうこともあるようです。

fumumu取材班が女性たちに、パートナーに言って後悔した言葉を聞いてきました。


①「昔は〇〇してくれたのに」

「ラブラブ期を過ぎて、今は安定期に入っただけなんですよね。なのに、ふとしたときに付き合った当初の彼と比べてしまうことがありました。あまり言わないようにしていたのに、彼の発言にムカッときてつい『昔は〇〇してくれたのに…』『〇〇って言ってくれたのに…』と言ってしまったことがあるんです。


言ってから、やっちゃったと思いました。彼も『いやそんなの知らねーよ』ってムカついていたし。昔を引き合いに出した発言は、絶対に避けたほうがいいと思います。彼と喧嘩になるだけですから」(20代・女性)


関連記事:その時の気持ちだけで応じて…同棲するのを早まったと思った瞬間

②「別にいいんじゃない?」

「同棲中の彼が『飲み会に行ってもいい?』と聞いてきたときに、『別にいいんじゃない?』とそっけなく答えてしまったことがあったんです。同棲を始めたばかりの頃は、飲み会に女の子がいるか気になって彼に聞いていたし、ヤキモチも焼いていたと思うんですけど…。


私の態度に、やっぱり彼も微妙な顔をしてました。彼は飲み会のたびに私に行っていいか確認してくれるから、浮気の心配をあまりしなくなったんです。気持ちが冷めてるんじゃなくて、信用してるから行ってきてと言ってあげればよかったです」(20代・女性)


③「もう好きじゃないんでしょ?」

「付き合って1年が過ぎたくらいのときに、彼の気持ちが冷めてきた気がして、不安な気持ちが爆発したことがありました。『私のこと、もう好きじゃないんでしょ?』と彼につい言ってしまったんです。


正直、彼に否定してほしくて聞いただけなんですよね。だけど、彼は『なんだよそれ』って怒りだしてしまって…。仲直りできたからよかったけど、気持ちを試すようなことはしないほうがいいなと思いました。私も彼も、嫌な気持ちになるだけです」(20代・女性)


長く付き合っていれば、不安な気持ちになることは誰にでもありますよね。けれど、イライラをそのまま彼にぶつけると、喧嘩になってしまうこともあるようで…。彼を信じて、自分の好きな気持ちを素直に伝えることが、マンネリ脱出の近道なのかもしれません。

・合わせて読みたい→付き合いの長いカップル…マンネリ対策はどうしてる?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事