ダメンズにハマってしまう女性の心理とは?

気づいたらダメンズにばかりハマってしまう女性は多いようです。 なぜ泥沼にはまってしまうのでしょうか。fumumu取材班は、ダメンズとの恋愛から抜け出せた女性たちに聞いてみました。

呆れる女性
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本当は素敵な恋愛をしたいのに、気づいたらダメンズにばかりハマってしまう女性は多いようです。

なぜ泥沼にはまってしまうのでしょうか。fumumu取材班は、ダメンズとの恋愛から抜け出せた女性たちに聞いてみました。

 

①自分だけが知っている優越感

「会社で働いているタイプのダメンズって、仕事では優秀な人が多いんですよね。その反動で、彼女に極度に甘えたり、ストレスの発散でモラハラ・DVに走ってしまうようで…。そういう、ダメな彼を私だけが知っているっていう優越感が、ダメンズにはまってしまう要因だったのだと思います」(30代・女性)

 

②頼られることで愛を感じる

「私は、とても自己肯定感が低かったんですよ。だから、自分が生きている価値がないとまで思ってしまっていて…。そんな自分でも頼ってくれる人がいると、とても嬉しくなってしまいました。だから、『彼から愛されてるってことは必要とされているんだ!』と考えてしまって、どんどん自ら負の連鎖にはまって行ってしまいましたね」(20代・女性)

 

③嫌われたくなくて甘やかしすぎる

「私は彼氏がいないと寂しくなってしまうタイプで、今まで彼氏を切らしたことがないんですね。でも、付き合っていたときは常に『振られたらどうしよう』っていう不安がつきまとっていました。だから、嫌われたくないために、彼に都合のいいことばかり言って甘やかしすぎていたんですよね」(10代・女性)

 

④彼ができないなら自分がすればいい

「私自身が会社で良い収入をもらっていたので…。低賃金の仕事で夜遅くまで働きづめになっている彼氏に、『もういいよ』って言ってしまったんです。できないことは自分がやってあげればいいや! っていう感覚だったんですよね。でも、そんな感じでどんどんやっていたら、彼がなんでもできない人になっていました」(30代・女性)

 

⑤尽くすことで褒められたい

「好きな人には、尽くしてしまうタイプなんですよ。それで彼が喜んでくれたり、褒めてくれると承認欲求が満たされていたんですね。でも、そんな感じで尽くしていたら、いつのまにかうまく彼に乗せられていました。それさえ心地よいと感じてしまうから、ハマってしまうんでしょうね。なんでもやりすぎはダメですね」(20代・男性)

 

ダメンズの連鎖から抜け出すには、心理面から変えていく必要がありそうですね。気をつけたいところです。

・合わせて読みたい→彼をダメンズにしてしまう彼女の特徴 何でも許してはいけない…

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!