この子とは続かないな…男子が「彼女に見切りをつけた瞬間」

付き合ってみてはじめて分かることは、意外とたくさんあります。そして、別れるきっかけになることも…

見切りを付けた男性
(innovatedcaptures/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ぱっと見、仲睦まじそうに見えるカップルでも、実際に本人と話すと「そうでもないよ」とか、「実は別れたいと思ってるんだよね」などと打ち明けられること、ありますよね。

fumumu取材班が、彼女がいる男性たちに聞いてみると、別れ話をするきかっけがないだけで、すでに見切りをつけているという人もいるようです。

詳しい話を聞きました。

 

①会話はSNSを見ているのが前提

「昨日は会っていないのに、『昨日のワンピース可愛くなかった?』と、僕に意見を求めてきた彼女。意味が分からず返答に困っていると、『私のSNS見てないの?』と言われ、驚きました。

 

いくら付き合っているとは言え、彼女のSNSをチェックしなければならないのは面倒すぎます。タイミング次第で、別れようと思っています」(20代・男性)

 

②彼女が天然すぎて冗談も言えない

「素直な性格の彼女に惚れたものの、言ったことをなんでも鵜呑みにしてしまう天然ちゃんなので…冗談も言えないのが負担になっています。

 

この前、電話で話した時、彼女が疲れていると言ったので、『それなら、週末のデートはキャンセルしようか』と冗談まじりで返したところ、『もしかして、私と会いたくないの!?』とかなり落ち込まれてしまって。挽回するのが大変すぎて、正直ストレスでした」(20代・男性)

 

③SNSの「いいね!」が命

「インスタグラムにドハマリしている彼女。「いいね!」をもらったりフォロワーを増やしたりするためなら手段をいとわないようで、デートの詳細や僕のプライベートなことまで平気で投稿するので困っています。

 

今のところ、彼女と僕の間に共通の知り合いなどはいませんが、投稿内容はどこで誰にみられているか分からないし、インターネット上に情報を晒されるのは不安でしかありません。近いうちに別れるつもりです」(20代・男性)

 

「好き」という感情は付き合うきっかけになりますが、それだけで長く付き合い続けるのは難しいのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→SNSでリア充アピールする女子ほど「男ウケが悪くなる」3つの理由

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!