狙いすぎてて怖い…男子がドン引きした女子のLINEメッセージ

恋愛のアプローチとしてSNSは有効ですが、好意が見え透いていて怖いことも…。どのような『LINE』に注意したら良いでしょうか。聞いてみました。

スマートフォンを手にする女性
(iza5450/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

誰にも邪魔されず、気になる彼にアプローチをする方法として、SNSはかなり有効ですよね。しかし、好意があまりにも見え透いていて、男性が引いてしまうこともあるようです。

fumumu取材班は、狙いすぎていて怖いと感じたことがあるという男性たちに、話を聞いてみました。

 

①絵文字や顔文字が多すぎ

「可愛く見せたいんですかね。文章の途中にも丁寧に絵文字を入れた、すごくキラキラしたLINEが送られてきたことがあります。確かに見た目は華やかなんですけれど…。

 

1文にめちゃくちゃ時間と気合を入れたのだろうことがひしひしと伝え割ってきて、引いてしまいました。モテたいのか、僕に好意があるのかまではわかりませんけれど、そこまでがっつかれると怖いですよね。必死感を感じてしまい、返信もできませんでした」(20代・男性)

 

②文章が長い

「LINEって、ポンポン気軽にメッセージを送り合うものだと思っているので…。何行にも渡って文章が続いているような、長いメッセージが送られてくるとびっくりしてしまいます。それだけでなく、質問を何個も送ってくる子は、狙いすぎてて怖いですよね。

 

ひどいと、自分から質問してきたのに、返信を待ちきれなくて、『男の子ならこうかなあ? でも〇〇君ならこうだよね?』っていう感じの憶測で、数十分後に自己完結しているような子がいます」(20代・男性)

 

③返信してないのに連投

「日中は仕事をしているので、LINEを確認する時間はないのですが…。数時間くらい返信をしなかっただけで、新しいメッセージやスタンプを送ってくる子がいます。だから、メールを開いたときには、通知が7件も…。

 

最初は、何事かとびっくりしてしまいましたね。話題がコロコロ変わるので、返信に困ってしまいますし、連投されると返信を急かされていそうで怖いです。自分を落とすので頭がいっぱいで、ずっとそのことを考えていなさそう…。

 

彼女の頃を恋愛対象として見れないからこそ、ちょっと気持ち悪く感じてしまいます。でも、仮に恋愛対象だったとしても、付き合ってから連絡のとる頻度で束縛されそうで警戒してしまいますよね」(20代・男性)

 

ちょっとずつ距離を縮めるようにしたいですね。送信する前に、やりすぎていないか確認したいところです。

・合わせて読みたい→LINEの返信が遅れたときに彼女にされてウンザリしたこと3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!