旅行先で肌荒れが…海外でのスキンケア&美容法はコレで解決

せっかくの旅行だったのに、肌や髪が疲れていませんか? 海外での便利な美容対策を聞きました。

旅行先での肌の調子
(metamorworks/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今年のGWに海外旅行へ行った日本人は66万人以上といわれています。中には慣れない国の気候や旅行スケジュールで、美容のケアが全然できなかった人もいるのではないでしょうか。

海外旅行は楽しいけれど、普段より身体は疲れてしまうもの。そこで、海外旅行先での美容の悩みの解消法を女性たちに聞いてみました。


■ビーチでの日焼け対策に!

「海外のリゾートに行くとき、やはり気になるのは紫外線対策です。『絶対に焼きたくない!』と思っていても、日本の日焼け止めでは海外の紫外線には対応できないこともあります。


紫外線の強い国では、日本よりもSPFの高い現地の日焼け止めを使っています。また、ハワイなど日焼け止めを禁止している地域ではラッシュガードを着用したりオーガニックの日焼け止めを使うようにしています。


それでも日焼けしてしまった場合は、冷蔵庫で冷やしたシートマスクを顔にのせたあと、たっぷりと保湿してアフターケアをしています」(20代・女性)


海外渡航経験の多い筆者も、アジアのビーチにいくときは現地で買ったSPF70の日焼け止めを使っています。肌に合うか必ずパッチテストをしてから使ってくださいね。


関連記事:日焼け止め以外にも! みんながやってる「UVケア」聞いてみた

■機内での乾燥対策に…

「長時間のフライトでは肌が乾燥するので、機内ではマスクを着用、こまめに肌を保湿する、水分を多くとるなどの乾燥対策をしています。


空調の強すぎるホテルでは、バスタブにお湯をためて部屋を乾燥させないようにしています。また、海外対応の卓上加湿器もおすすめです」(30代・女性)


USBやコップに水を入れて使用する卓上加湿器は、コンパクトで持ち運び便利と人気のようです。


■旅行中のヘア対策は?

「海外のシャワーの水は日本と違って硬水で髪の毛が傷みやすくなるので、硬水に合わせて作られた現地のシャンプーを使っています。


また、ヘアアイロンとコテが一体化した海外対応の家電を持っていき、荷物はコンパクトにまとめています」(20代・女性)


ヘア家電は変圧器に対応していないものが多いので、日本から持っていくときは必ず海外対応の製品を持っていってくださいね。


女子なら旅行中でも常にかわいくいたいものですよね。日本から持っていくのも良いですが、その国ならではの美容グッズを探して旅先での美容ケアをしてみるのも楽しいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→こんなモノまでスプレーに? 時短に使えるミスト型商品3選

(文/fumumu編集部・カワノアユミ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事