脈ナシなの? 「デート代は割り勘で」提案する男子にホンネを聞いた

割り勘にされると、愛されていないと感じてしまうことも…。しかし、男性には目的があるようです。詳しく話を聞いてみました。

財布を見て考え込む男性
(liza5450/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

食事デートでの支払い、相手にごちそうしてもらえる状況は多いですよね。自分を愛してくれたり、誘った側からおごるのは当たり前と思ったりしているなど、いくつか原因はあるでしょう。

一方で割り勘だと「もしかして自分は愛されていないのでは…」と感じてしまいがちです。

しかし、どうやら他にも理由がありそう。fumumu取材班は、デートでは割り勘だと話す男性たちに話を聞いてみました。


①見返りを求めていると思われたくない

「僕自身は…何ですけれど、奢られると何かの形で返さなきゃっていう心理が働くんですよね。だから、付き合いたての頃は特に、お金の代わりに何か要求していると思われたくないし、かえって負担になって欲しくないので、奢りません。


女性だと特に、『体が求められるんじゃ…』と思ってしまいそうですし、それは避けたいです」(20代・男性)


関連記事:男子は誰とでもエッチできるってホント? 聞いてみた

②お金に余裕がない

「申し訳ないんですけれど、会社で働き始めて浅いので、そんなに給料がいいわけではないんですよね。一人暮らしをしているので、必要経費でカツカツです。


やっとなけなしの交際費をかき集めて彼女とデートをしていて、とても奢る余裕はなく…。無理すれば奢れるんですけれど、そのぶん会える日数が減ってしまうので、割り勘にしてもらっています」(20代・男性)


次ページ ③彼女の反応が知りたい

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!