マッチングアプリで出会った男性 相手の洋服代に衝撃「金銭感覚が…」

「マッチングアプリ」で恋人を探している女性が「金銭感覚が合わない人」との悩みを投稿し、様々な意見が寄せられています。

悩む女性
(SB/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「恋愛と結婚は違う」と耳にすることもあります。しかし、結婚を視野に考えると、お互いの金銭感覚も大きな要因になるのかもしれません。

現在、恋活や婚活でも利用されている「マッチングアプリ」で恋人を探している女性が匿名情報コミュニティ「ミクル」で、「金銭感覚が合わない人」と悩みを投稿し、様々な意見が寄せられています。


■「いくらすると思う?」

投稿者は、結婚を見据えて付き合える人を探している21歳の女性。マッチングアプリを通して、上場企業に勤める男性と出会い、一度だけ会ったといいます。今まで何人かの男性と会ってきた中で、自分らしく一番楽しく話せた相手だったそう。

ただひとつ気になっていることが…。会ったときに「いくらすると思う?」と聞いてきたコートは9万円。中に着ているパーカーは4万円だったとか。

投稿者自身、服はプチプラが多く、できるだけ自炊もして貯金をする節約生活を送っているため、金額にビックリしてしまい「金銭感覚が合わないかも…」と不安になってしまったのだとか。


関連記事:既婚者に聞く! 「ここだけは妥協しちゃダメ」なところは?

■「見栄を張るにしても…」「カッコ悪い」

「こういう人とは、付き合わないほうがいいのか」悩みに対して、「一度のデートで見極めるのは早すぎる」との意見が多く見られます。一方でわざわざ値段を言ってくることが「格好悪い」と感じる人も。

「結婚を視野に入れるなら、金銭感覚はなるべく近い人の方がいい。マッチングアプリの良いところは、色んな方と出会えることでしょう? 一回で決める必要はないけど、少しでもう~ん…と思うところがあるなら、他に会ってみたら? まだ妥協する年齢ではありません」


「見栄を張るにしても、人を喜ばせる為の見栄ならかわいいけど、流行りの服や高い洋服を買うことなど、自分の自尊心を満足させる為の見栄を張る人はやめた方がいいです」


「血がつながっていても、100%価値観合うなんてないと思うけど『これいくらだと思う?』って聞いてくるあたりがカッコ悪いと思っちゃったけど…」


■「かわいい」「問題ない」

また、社会人になればプチプラを何度も買い替えるよりも、高価なアウターを長く着ているほうがいいとの意見も寄せられています。また、自慢してくるあたり、普段はプチプラを着ている証拠では? との声も。

「社会人2年目って、貯金できない人の方が普通じゃない? 社会人なりたてで奮発して買ったコートを自慢したくなっただけっていう、かわいいエピソードだと私は思いますよ」


「私も社会人になってから、アウターにはそれくらい出します。営業職っていうこともあるけど、靴と時計も。代わりにプライベートの車は今にも壊れそうなオンボロの車。お金かけるところと、そうでないところは区別してます。見栄っ張りでも借金していたり貯金ゼロだったりじゃないなら問題ないのでは?」


「仕事の拘束時間が長い男性はあまり自炊しないと思いますよ。休日も自炊する時間より買った方が安上がりだし、好きな時間に使う事でまた仕事を頑張れるしね。うちの旦那はこのタイプでした。もう少し様子見てもいいと思いますよ!」


多くの人が回答しているように、金銭感覚を一度のデートで見極めるのは難しいかもしれません。まずは一緒にいて楽しかった感情を大事に、結果を焦りすぎず、少しずつ相手を見ていくことが必要かもしれませんね。

・合わせて読みたい→結婚したいけど…女子がマッチングアプリを敬遠する理由が偏見すぎる

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!