誰でもホンネは「ラクしたい」 成果が出なかった失敗経験とその末路

できるだけ楽したいと思っても、楽しようとして、失敗してしまうこともあるでしょう。

ゴロゴロする女性
(nikoniko_happy/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

普段生活していると、日常の作業が楽にならないかな…と思いついても、楽をするための準備が面倒くさかったりして、結局何もしないまま過ごしてしまいがちですよね。


■6割以上が楽することを考えている

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、できるだけ楽することを考えることが多いか、調査を実施しました。

できるだけ楽することを考えることが多いグラフ

「考えることが多い」と答えた人は、全体で65.0%でした。

fumumu取材班は女性達に、楽しようとして失敗した経験について聞きました。


関連記事:「自分の人生、好きなようにさせて!」と吹っ切れた瞬間3選

①駅でエレベーターに乗り間違えて…

「会社帰りに疲れていたので、駅の階段を使うのが面倒になってきました。そこで今まで使ったことがなかった、エレベーターに乗ってみたんです。


それで乗り換える線まで行けると思っていたら、改札の近くまでしか行かなくって…。結局は階段を使うはめになって、なれないことするんじゃないなと思いましたね」(20代・女性)

次ページ ②寝ながら食事しようとすると…

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!