ケチと思われたくないけど…楽しみながら工夫する「節約女子」の声

家計簿を付ける女性
(Milatas/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

新年度や新生活が始まると、「貯金しよう!」「節約しよう!」と決意する人は多いはず。しかし、1か月過ぎてみると、お金が貯まらないどころか、逆に減っている気がする…なんて人も少なくないでしょう。

ケチとは思われたくないけれど、なにかと出費が増えがちなゴールデンウィークを乗り越えたら、節約に本気になりたいところですよね。

 

■女性は節約志向

fumumu編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「節約についての調査」を実施しました。

全体では、61.6%もの人が「節約を意識して行動をしている」と回答。半数を超える人たちは、今日も買い物をしながら悩んでいるのです。

性別・年代別では、20〜50代で男性よりも女性が多くなっています。

節約を意識性別・年代別グラフ

2017年度の非正規雇用の割合は、男性31.8%。一方で、女性は62.6%、倍近くの差がある辺りも、原因のひとつでしょう。

「派遣社員で先が不安定なので、無駄な出費は控えるようにしています。会社にお弁当や水筒を持っていくなど、簡単なことだけですが…」(20代・女性)

 

■結婚でお小遣い制になり…

節約をあまり考えていないのは、自由になるお金が比較的多い人たちです。

「独身なので、給料はすべて自由に使えます。高収入でなくても、節約を意識せずにやっていけるんです。

 

ただ僕は浪費家なので、貯金はなかなか貯まりませんが…」(20代・男性)

 

しかし、男性も結婚をすると、一気に節約を意識するようです。

「お小遣い制なので、自分で使えるお金なんてしれています。そんな生活だと、嫌でも節約ばかり考えてしまうんです。バイトをしていた学生時代は、今よりもっとお金を持っていましたよ」(30代・男性)

 

■女性は家のお金を管理

20代女性だけで見ると、結婚をしている人の7割近くが節約をしています。

節約を意識未既婚別グラフ

女性が財布のひもを握る家庭は、まだまだ多いのです。

「夫がまだ若いため、収入がいいほうではありません。子供がもう少し大きくなれば私も働くつもりですが、それまではがんばって節約して乗り切るしかないですね」(20代・女性)

 

「スーパーの特売品でできるメニューを考えたり100円ショップのものでDIYをしたりして、最近は節約を考えるのが楽しくなってきました」(20代・女性)

同じ節約なら、ひもじい思いでなく、楽しみながらしたいものですね。

・合わせて読みたい→ゼロ円でOK! お金がないときに「彼氏と楽しめる節約デート」3選

(文/fumumu編集部・ニャック 参考/統計局ホームページ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名/20代の女性295名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!