いつもはお上品にしているけれど…つい出てしまう品のない行動3選

外では上品に振る舞っている人でも、じつは家にいるときには品がない行動をしてしまっているかもしれません。

上品に笑う
(RichLegg/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ほとんどの人は、周囲の人から「品がない」とは思われたくないでしょう。しかし普段の行動でつい下品なことをしている人も多いものです。


■「自分は品がない」3割も

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、自分は品がないほうだと思うか、調査を実施しました。

自分は品がないほうだと思うグラフ

「品がないほうだと思う」と答えた人は、全体で33.3%でした。

性別・年代別では、10代から30代の女性が高くなっています。

自分は品がないほうだと思う性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、自分に品がないと思った瞬間について話を聞きました。


関連記事:性格はたやすく変えられない? 悪い部分を直そうとして諦めた女性

①物を取るのに足を使う

「私は横着な性格なのか、足で物を取る癖があります。床に置いてある洋服を親指と人差し指の間で挟み、足を持ち上げて手に取ります。


腰をかがめなくていいから楽なんですよね。他にも扇風機を親指で消すなど、ある意味、器用なことしています。家以外で、この癖が出ると終わりです…」(20代・女性)


次ページ ②話し声が大きい

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!