マッチングアプリで男子が「実際に会いたい」と思った女子5パターン

狙った相手を落とすためには、マッチングアプリならではの使い方があるようです。利用者たちに話を聞いてみました。

カップル
(takayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

マッチングアプリを使い始めても、なかなかデートまで行きつかない…と、自信をなくしてしまう女子は少なくありません。

一方で、人気ランキング上位の女性達は引く手あまたな様子…。

そこで、fumumu取材班が、実際に会いたいと思った女子について、マッチングアプリを利用している男子達に詳しい話を聞きました。


①プロフ写真が好みのタイプ

「プロフ写真が好みのタイプの子は、理想の条件にマッチしていなかったとしても、とりあえず会ってみたいと思います。


見た目よりも中身が大切なのは分かっていますが…やっぱり、第一印象が好みかどうかは大きいです」(30代・男性)


関連記事:マッチングアプリのプロフでわかる! 残念な男の3つの特徴

②プロフィールが具体的

「ただ『趣味は料理です』と書いている子よりも、『得意料理は餃子で、ビールを飲みながら食べるのが至福のひととき』などと具体的に書いている子の方が、どんな子なのかを想像しやすく、会いたいと思うきっかけになります」(20代・男性)


③先に「いいね!」をしてくれた

「先に『いいね!』をしてくれた子は、自分の中の『会いたい子リスト』の優先順位が上がります。


やっぱり、自分に興味や関心を持ってもらえるのは嬉しいので、とりあえず会ってみようかな…という気持ちになりやすいですね」(20代・男性)


④返信が早く、会話が楽しい

「仕事が忙しいので、返信が早い子は好印象です。会話が楽しいなら、最高ですね」(30代・男性)


⑤ログインする時間帯が近い

「自宅から会社まで電車で約1時間かかるので、通勤中マッチングアプリを使っています。いつも同じ時間帯にログインしている子だと話したいと思った時にすぐに連絡が取れることもあり、親近感が湧きますね。


活動時間が似ているような子だと『仕事終わりにご飯でもどう?』などと誘いやすく、会える確率がアップします」(20代・男性)


マッチングアプリを利用する際には、参考にしたいですね。

・合わせて読みたい→マッチングアプリでイイ感じになっても続かない理由

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!