彼氏の行動に注意! 別れを考えている男子のサイン

違和感を放置したことで、彼から別れ話をされてしまうこともあるようです。詳しく話を聞いてみました。

カップル
(Digital Vision./istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏のちょっとした違和感を放置したことで、別れを切り出された経験は少なくないですよね。早いうちから気づけばよかったと、後悔しがちです。

しかし、違和感の原因を見つけるのが難しいことも…。そこでfumumu取材班は、「私と別れたいのかな」と思う言動をされた経験のある女性たちに話を聞きました。

 

①SNSの未読時間が増える

「彼とは同棲をしていました。あるとき、SNSの未読時間が増えたのですが…。若干、冷めたのかなと思いつつも、毎日家でコミュニケーションを取れるようになって、必要性を感じなくなったからだと考えていたんですよね。

 

そのうち、ほとんど既読がつかなくなって、急ぎの案件だけすぐに返してくれるようになりました。『なんかやばそうだ』と気づいたことにはすでに遅く、別れ話をされてしまいました。

 

だいぶ前から我慢をしていて、限界がきてしまったのでした。早く気づけばよかったと思います」(20代・女性)

 

②何か決めるときに彼女頼り

「いつもデート前はきちんと計画してくれたり、食べに行くときもいくつかの候補をあげてどれがいいか聞いてくれたりするような彼氏でした。しかし、あるときから、何を決めるにも任せっきりになりました。

 

初めての彼氏だったので、これがマンネリなのかと思っていたら、すぐに別れを告げられました。突然のことでびっくりして、男友達に相談すると、男性の多くは余計なことに脳を割きたくないそうで、この辺りから別れを考えていたことがわかりました」(20代・女性)

 

③態度が変わる

「本当に急に、態度が冷たくなりましたね。すっかり冷めてしまい、私のことがどうでもよくなったんだと思います。1週間後には彼から別れ話をされました」(20代・女性)

 

「私は彼と何もかも順調だと思っていました。彼がとても優しく接してくれるようになったし、ますます愛が深まったものとばかり思ってました。にも関わらず、『別れよう』と言われたので、訳がわからずパニックになってしまいましたね。

 

『優しくしてくれてたじゃん!』というと、『どうでもよくなってたから、君のやることに関心がなかっただけだ』と返されてしまいました。思えば、自分のしたいようにしてくれてたんですよね。関心のないところからくる優しさだとは気づきませんでした」(20代・女性)

 

いつもと違った様子がみられるときは、用心した方が良さそうですね。早めの対応と対話が別れ話を避けることに繋がるかもしれません。未然に防げるといいですね。

・合わせて読みたい→別れ話を切り出したら急変…なかなか認めてくれない彼の「困った行動」

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!