デパコス売り場でイラッ…美容部員との残念なエピソード3選

デパコス売り場で嫌な思いをしたことはありますか? fumumu編集部が、女子大生に聞きました。

メイクをする女性
(S_Kazeo/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学生には少し敷居が高いけれど、憧れの化粧品が手に入るデパートのコスメ売り場。そんな場所で頼りになるのが美容部員さんですが、ときにはちょっと苦手な美容部員さんに当たってしまうことも。

そこで、fumumu取材班は、メイク好きの女子大生3人にこれまでに会った美容部員さんとの残念なエピソードを聞きました。

 

①オススメが激しすぎる

「売り場に置いてあるテスターを試してどれを買うか悩んでいると、美容部員さんに『まだ悩んでるんですか?』と呆れながら声をかけられました…仕方がないのでとりあえずひとつ買おうとすると、『最低ふっつは買わないと使いづらい』『他のお客さんは大体もっとたくさんの種類が入ったセットを買う』と、しつこく高い商品を勧められました。

 

使いやすい組み合わせを考えてくれた結果なのかもしれないけど、「このくらいの値段ならそんなに高くないし」って言われても…社会人と学生のお財布事情を一緒にしないでほしい」(20代・女性)

 

じっくり考えて決めたいからテスターを試しているのに、急かされると嫌ですよね。商品が高いと感じるか安いと感じるかは、人によって違いますし…

 

②親身になってくれない

「せっかくデパコス売り場にきて化粧品を探してるのに、必要最低限の話しかしてくれませんでした。

 

もっと親身になって自分に合った商品を一緒に考えてほしかったし、できれば美容部員さんならではのメイクの裏技と豆知識なども教えてほしかった…」(10代・女性)

 

良いデパコスを見つけるだけでなく、せっかくならプロの技を間近で見て学びたいですよね。デパコス売り場は豪華なイメージなのもあって、プラスアルファのおもてなしを期待してしまいます…

 

③忙しいのはわかるけど…

「お試しでメイクをしてもらっているときに、忙しいのはわかるけど全体的にすごく雑な塗り方をされました。

 

ベースメイクはムラがあるしリップははみ出てるしで、いまいち商品の良さが伝わりきらなかったかも。せっかくなら実際の使用感がわかる丁寧な塗り方をしてほしいです」(20代・女性)

 

自分にピッタリの商品だったとしても、実際に使うときと全然違う塗り方をされてしまうとわかりませんよね。学生にとっては決して安くない買い物、慎重になりたいのに…と、不満に思ってしまうのもうなずけます。

 

勇気を出して良いコスメを探し来たのに、親身になって接してくれない美容部員さんに出会ってしまうと買う気も失せてしまうもの。できることなら、素敵な美容部員さんがいるお店で素敵なコスメを見つけたいですね。

・合わせて読みたい→夏に向けて「綺麗な素肌」を目指そう! 使って良かった化粧品5選

(文/fumumu編集部・都民 千代子

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!