ヘアブリーチで気軽にイメチェン! する前に絶対に気をつけてほしいこと

綺麗に色を出す為にはブリーチが必要。しかし、やる前に気をつけてほしいことを現役美容師が紹介します。

ヘアカラー

少しずつ気温が上がってくると、イメージを変えたり気分を変えたりするのに、髪の毛を明るくするため、ブリーチしようと考えること、ありますよね。

ブリーチの種類は、ハイライト、インナーカラー、グラデーション、全体のブリーチなど、たくさんの種類があります。ブリーチをすると色が綺麗に発色したりオシャレに見えたりと良い点もたくさんあります。一方で注意すべき点も多くあります。


■とにかくハイダメージ

綺麗な色を入れるためにはダメージは不可欠なのかもしれません。ブリーチを1回したら綺麗に色が入るとは限りません。

複数回することも視野に入れておかなくてはなりませんね。ヘアケアもすごく大変で深刻なダメージへ発展するケースも少なくはないです。

乾く時間が遅くなってしまったり毛先がテロテロになってしまったり。今よりホームケアを徹底するか、切ってもイイとの覚悟で望みましょう。


関連記事:髪をバッサリ切る前に! 「ヘアドネーション」知っていますか?

■色もちはやはり悪い

普通のファッションカラーと比べると、綺麗な色が入る反面、どうしても色もちは悪くなってしまいます。頻繁なカラーメンテナンスが必要かもしれません。

金髪で放ってある状態はオシャレ、綺麗とは言い難い状態です。ホームケアとしてできる紫シャンプーや赤シャンプー、シルバーシャンプーなどもあるので上手く活用して少しでも長く色を楽しみましょう。


■美容院での施術に影響の恐れ

ブリーチ毛にはパーマや縮毛矯正はNGとしている美容院も少なくないです。ハイダメージにハイダメージを重ねるにはリスクが伴います。

髪の毛を綺麗にするために美容院にいくわけなので状態が悪くなるとわかっていたら美容師側もやらないですよね。


オシャレなカラーを実現できるブリーチ。施術をする際は今後どうしていきたいかを入念に考えてからをおすすめします。ぜひ美容師さんと相談してみましょう。

・合わせて読みたい→髪のダメージなぜ受ける? 美容師が教える傷みの原因別ケア方法

(文/fumumu編集部・横瀬 卓

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!