愛情を深めるのに抜群! 食事デートで彼がドキッとした女子の言動

春は彼と会える時間が減る人も。短い時間で愛情を深めたいですよね。食事中にどきっとさせられる方法を聞いてみました。

食事デート
(KEN226/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

何かと慌ただしくなる春は、彼と食事くらいしかデートする時間がなかなか取れない人もいるのではないでしょうか?

会える時間が減ると余計に、短い時間で愛情を深めたくなってしまいます。

fumumu取材班が男性たちに食事のデートでドキッとしたシチュエーションを聞きました。


①ぷんぷん怒る

「食事のときって、普段のデートと違って面と向かっている時間が長いですよね。だから、つい彼女にちょっかいを出してしまうんです。特に付き合いたてだと、顔をガン見して無言っていう気まずい時間を作りたくないので、なんとかしようとして、結局、意地悪をしてしまったり…。


そんなことをしていたら、当たり前ですが、彼女が怒ってしまいました。でも、その怒り方が可愛いんです。頬を膨らませて、ぷいっとそっぽを向いたのが、まるで子どものようできゅんとしてしまいました。たまに怒らせたくなってしまいます…」(10代・男性)


関連記事:梅雨や暑くて出掛けたくない日に…気分アガるおうちシアターの作り方

②食べ物を頬張る

「本人はそのつもりがないみたいですが、口が小さいからか食べ物を頬張っているように見えるんです。


そのほっぺがリスみたな小動物感があって、めちゃくちゃ可愛いです。頑張って食べている感があると、癒されますよね。思わずほっぺを突っついてしまいます」(20代・男性)


③「味見する?」

「付き合いたての頃は、飲み物をシェアするだけでも、外での間接キスを意識してドキドキしてしまいました。彼女の方から『味見する?』と飲み物をくれると、『えっいいの!?』と喜んでしまいましたね。


今も、食べ物を『味見する?』とくれるときがあるのですが、『あーん』って、直接口に運んでくれるとドキドキしてしまいます。悟られないように、平静を装うので必死ですね」(20代・男性)


どうやら男性は小動物的な可愛いらしさと、気恥ずかしいシチュエーションでドキドキしてしまうようです。

会える時間が減って不安になるこの時期も、彼をドキドキさせて乗り越えてしまいましょう!

・合わせて読みたい→マネできない!? 食事デートで料理を残した女子の小悪魔的言い訳3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!