おしどり夫婦も夢じゃない? 彼氏と似てきたよな…と感じる瞬間

カップル
(Tirachard/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今の彼氏と将来的なゴールを見据えている人は、いつか結婚したいと考えていると思います。どんなカップルがうまくいくのでしょうか。

そう考えたときに、似た雰囲気を持っているカップルやおしどり夫婦を思い浮かべる人は多いですよね。しかし「似た雰囲気」って、具体的にイメージをすることが難しい言葉ですよね。

そこで、fumumu取材班は「恋人と似てきた」と感じたことがあるカップルに、詳しく聞いてみました。

 

①考えていることが一緒

「彼との何気ない会話で、『今それ言おうと思った』『その場所、デートに誘おうと思ってた』って言うことが増えて、考えていることが同じだなと思いました。

 

突然の話題でも、そういうことがよくあるので、不思議ですよね」(20代・女性)

 

②話し方や佇まい

「付き合ったばかりの頃は、そうでもなかったんですけれど。いつのまにか、彼女と全く同じ座り方をして、同じような食べ方をしていました。付き合いが長くなると、こんなところも似てくるんですね」(20代・男性)

 

「使う言葉とか、声の抑揚とか、話し方が似てきましたね。それだけでなく、彼女の癖のある話し方がうつってしまっていました」(10代・男性)

 

③会話がほぼ言葉ではない

「LINEで『あれ』『り』『おけ』くらいでだいたい通じてしまいます。だから、あまり言葉でコミュニケーションを取らなくなりました。なんとなく、彼の顔を見ていたらわかるようになったように思います」(20代・女性)

 

「いつからそうなったのかはわかりませんが、二人にしか通用しない、二人専用のよくわからない言語が存在します。しかも、その言葉自体に意味がないんですよね。なぜコミュニケーションを取れているのかわかりませんが、それだけ彼女と似てきたんだと思います」(10代・男性)

 

一緒にいるうちに、所作や思考が似てきて、似た空気をまとうようになるみたいですね。彼氏とこの辺りが似てきたら、結婚も現実味を帯びてきそうです。

・合わせて読みたい→付き合い始めたはいいけれど…距離の縮め方で戸惑った体験談

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事

関連キーワード


fumumuをフォローしよう!