周りに差をつけるなら今! 「10連休のGW活用法」社会人女性に聞いてみた

「時間がないし」とか「忙しいから」と後回しにしてしまっていること、ゴールデンウィークにチャレンジしてみませんか?

資格勉強する女性
(maroke/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

もうすぐゴールデンウィークですね。10連休の今年は旅行やイベントなどを計画している人も多く、今から心待ちにしている人も多いでしょう。しかし、一方で、10連休だからこそできる時間の使い方もあるようです。fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。

 

①資格取得でスキルアップ

「ゴールデンウイークの10連休を利用して、ピラティスのインストラクター養成講座を受講する予定です。講座終了後にはインストラクターのサティフィケイト(修了証明)を貰うことができるので、自分でレッスンを開講することもできるようになります。

 

今のご時世、いつまで会社に勤めていられるかも分からないので…。手に職を持てるように、頑張って勉強するつもりです」(20代・女性)

 

②プチ整形で自分磨き

「物心ついた頃からコンプレックスだった奥二重。ずっと整形したいと思っていましたが、周囲にバレるのが嫌で…。ダウンタイムのことを考えると不安になり、チャレンジできずにいました。

 

でも、今年のゴールデンウイークは10連休です! もし目元が腫れたりしても、10日間もお休みがあれば何とかなるでしょう。思い切って、プチ整形にチャレンジする予定です!」(20代・女性)

 

③副業で副収入ゲット

「ハンドメイドアクセサリーを作るのが趣味です。仕事の合間、平日の夜間や週末を利用して、ちまちまと制作を続けてきただけなのですが、なんだかんだで腕も上達してきたので…今年のゴールデンウイークは、今まで作り溜めた作品でネットショップを開設してみたいと思っています。

 

時間に余裕があるので、専用のブログやSNSも同時に開設して、集客もできればいいなと。副業として副収入をゲットするのはもちろん、それを元手に、本格的なお店を開業するのが私の夢です」(20代・女性)

 

社会人になると、10日間も自由に使える時間があるのは、滅多にないチャンスです。有効活用できるように、今から使い方を考えたいものですね。

・合わせて読みたい→しんどくなる前に…簡単にできる! みんなの「5月病解消法」

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!