ついイライラして…彼氏にうまく感謝が伝えられなかった3つの瞬間

感謝の気持ちはいつでも素直に伝えたいものですが、つい恥ずかしさが勝ってしまうこともあるでしょう。

(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「ありがとう」の気持ちは、素直に伝えたいものです。しかし恥ずかしさから、なかなか伝えられない人も多いでしょう。

 

■4割以上が「感謝を伝えるのが恥ずかしい」

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、感謝の気持ちを相手に伝えるのが恥ずかしいと思うか、調査を実施しました。

感謝の気持ちを相手に伝えるのが恥ずかしいと思うグラフ

 

「恥ずかしいと思う」と答えた人は、全体で42.6%もいることが判明したのです。

fumumu取材班は女性達に、彼氏に「ありがとう」が言えなかったときの話を聞きました。

 

①機嫌を損ねて素直になれず…

「デートで長距離を歩いたために、私の足は靴ずれになってしまいました。『足が痛くなったのは、デートプランを考えた彼のせい』と思うと、だんだんと私はご機嫌ななめに…。

 

そんな私に気を遣って、彼は絆創膏を買ってきてくれました。それでも私の機嫌は直らず、『こんなに歩かせるから…』と愚痴ってしまって…」(20代・女性)

次ページ ②熱が下がらずイライラして…

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!